So-net無料ブログ作成
検索選択

1泊2日プチ湯治・・・肘折温泉+周遊、前編 [温泉旅行記 / 宿泊]

こんにちは。

山形県大蔵村の肘折温泉に宿泊して周遊しました。まずは最上川沿いにクルマを走らせます。
Q1275642.jpg

最上川を行く舟下りの船、観光遊覧船のように思えますが、きちんとした一般旅客定期航路で、通年運航、1 人でも乗船できます。
Q1275655.jpg

ということで舟下りをしました。
Q1275659.jpg

暖かいこたつ船でした。
Q1275663.jpg

こたつ布団は、うさぎ柄!
Q1275665.jpg

方言豊かな船頭さんのお話や歌を聞きながら舟下りを楽しめます。
Q1275669.jpg

クルマを運転していたのでは、このような景色は見られない。
Q1275674.jpg

最上川は山形県の多くの地域をカバーし、源流から河口までの約 230km すべて山形県内を流れ、1つの県(北海道除く)のみを流れる川では日本最長とのことです。船に乗ってとても水量が豊かなことが実感できました。
Q1275680.jpg

最上峡は庄内平野に吹き付けた西風が集約されて通り抜ける風の通り道になっているそうです。船の帆を立てれば西風に乗って川をさかのぼることは容易であり、豊かな水量と風のおかげで昔から船運が盛んで、かつて源義経は船で最上川をさかのぼって平泉へと落ちのび、また松尾芭蕉も船で最上川を下りました。

舟下り後、バスで出発点へ戻り、それから肘折温泉へ向かいました。

肘折温泉への道。雪が次第に深くなってきました。
Q1285757.jpg

豪雪地帯で知られる山奥の湯治場、肘折温泉です。
Q1285755.jpg

大友屋旅館さんに宿泊しました。
Q1275696.jpg

まずは近くの共同浴場、上の湯へ。冬季は 17:00 までなので、着いてすぐ速攻で行ってきました。
Q1285750.jpg

10 人以上は入れそうな浴槽に、少し鉄味がする無色透明のかけ流しのお湯が大量投入され浴槽縁からオーバーフローして気持ちのいいお湯でした。

宿周辺を少し散歩。
Q1275690.jpg

春から秋は、この辺りで朝市が開かれるようです。古い湯治場のため、温泉街の道は猛烈に狭いです。
Q1275701.jpg

しかし、この狭い道に普通の乗り合いバスが建物スレスレに通り抜けていく光景は、ちょっとした見ものだと思っています。
Q1275703.jpg

大友屋旅館さんは玄関横に独自源泉を所有しており、ここで温泉卵を作ることができるようです。ちょっと飲んでみると強めの鉄味がしました。
Q1285751.jpg

ロビーの囲炉裏端には温泉卵が置いてあり、自由にいただくことができます。

お風呂は 1 階の半地下のようなところに男女別内風呂(朝は入れ替わっていました)、3 階に新しい貸切風呂がありました。どちらも鉄味がする笹濁りのいかにも効きそうなお湯がかけ流しで堪能できます。先の共同浴場とは異なるお湯のようで、共同源泉と独自源泉の混合泉との記載がありました。24 時間入浴可能で真夜中にも入浴を楽しめました。

夕食は個室、朝食は食事処で。夕食はお造り、あさりの酢の物、玉子焼き、大根の煮物、岩魚塩焼き、天ぷら、そして山形牛のすき焼きなど山海取り混ぜた献立でした。夕食朝食とも温泉卵を使っており、すきやきは生卵ではなく温泉卵と合えていただくのが面白くおいしかったです。どうもごちそうさまでした。

食事時に地酒の利酒セットを注文しました。
Q1275722.jpg

地元大蔵村唯一の酒蔵、小屋酒造さんのお酒です。小屋酒造は 1593 年に創業した東北最古の酒蔵です。

ビールの後に追加で注文したせいもありますが、お猪口のサイズが思ったより巨大で利き酒とはいえ私にとって許容量以上でした。夜中に目を覚ますまで、途中からよく覚えていません。

次回へ続きます。


★最近のはるちゃん★

じっとしたまま動かず・・・太陽の温もりが心地よいんだね。
Q2126016.jpg

nice!(58)  コメント(10) 

nice! 58

コメント 10

みぃにゃん

耳をペッタンこにして座ってる姿がたまらないですね~あ~はるちゃん可愛い~
by みぃにゃん (2017-02-19 19:43) 

snow

最近ゆっくり温泉に行ってないので
恋しくなってきました。
by snow (2017-02-19 21:19) 

八犬伝

郵便局の佇まい、とても良いですね。
by 八犬伝 (2017-02-19 21:36) 

yamatonosuke

湯治場の雰囲気がいい〜。
さぞかし気持ちのいい温泉なのでしょう。
大きなコケシが目印ですね^_^
いつか行ってみたくなりました。
もちろん最上川の川下りも♪
by yamatonosuke (2017-02-20 01:30) 

imarin

温泉入って、美味しいお料理食べて、
ぬくぬくのお布団で眠る・・・幸せですね。
夜撮影メインの今は無理ですけど、
もう少し歳取ったらセーブして、
TakiHaruさんのようなドライブ&トレイン旅したいです。
by imarin (2017-02-22 11:22) 

TakiHaru

みぃにゃんさま、こんにちは。
返信遅れてすみません。
はるちゃんは暖かい春がとても待ち遠しいようです。
思ったより雪が降らず、結局雪遊びはしませんでしたが、早くデッキで遊ばせてあげられる陽気になって欲しいと思います。
by TakiHaru (2017-02-25 17:43) 

TakiHaru

snow さま、こんにちは。
返信遅れてすみません。
ぜひ温泉へ行かれてください。私は寒がりになってしまったので、温泉行きまくっています。日帰り温泉もたくさん行っていますので、後日まとめ記事にしたいと思っています。
by TakiHaru (2017-02-25 17:45) 

TakiHaru

八犬伝さま、こんにちは。
返信遅れてすみません。
郵便局の建物は昭和12年に建てられたようで、当時は木造の湯治宿に囲まれて洋風の建物はとても新鮮だったのではないかと想像します。
郵便局は別の場所へ移ったとのことですが、建物はずっとこのまま残って欲しいと思います。
by TakiHaru (2017-02-25 17:48) 

TakiHaru

yamatonosuke さま、こんにちは。
返信遅れてすみません。
はい、肘折温泉のお湯は鉄臭鉄味がしていかにも効きそうな温泉でした。
朝市が開かれているなど湯治場の雰囲気が今でも残っている温泉です。ちょっと遠いかと思いますがぜひ訪れてみてください。
最上川の舟下りはどの季節でもそれぞれ楽しめそうですが、私はやはり紅葉のシーズンがもっとも美しいのではと思います。
by TakiHaru (2017-02-25 17:53) 

TakiHaru

imarin さま、こんにちは。
返信遅れてすみません。
温泉旅行はクルマの運転が困難になっても鉄道やバスで行けそうなので、いまは星空の撮影を楽しまれてください。
私はすでに年寄りモード全開中になっていますが、春になったらぼちぼち山歩きを再開したいと思います。
並行して温泉旅行も引き続き画策中です。いろいろなプランを考えているのが楽しいです。
by TakiHaru (2017-02-25 17:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。