So-net無料ブログ作成
検索選択

1泊2日プチ湯治・・・二岐温泉+周遊、後編 [温泉旅行記 / 宿泊]

こんにちは。

前回からの続きです。二岐温泉に宿泊した翌日はどうしようかと出発直前まで考えていました。尾瀬または山頂湿原がある田代山へ行こうか・・・しかし旅館をゆっくりチェックアウトしてからではちょっと遠いし。最寄りの二岐山へ登ろうか・・・しかし午前中から雨が降るようだし。だったら只見線沿線をたどり列車を撮りながら帰ろう・・・いや撮るだけじゃなく乗らなくては、ということで、只見線にプチ乗車することにしました。タイトルと中身が合っていませんがご勘弁を。

少し時間があるので、昭和村の矢の原湿原に立ち寄り。豊富な水量の代官清水でのどを潤し・・・
Q7168232.jpg

湿原の散策路を一周しました。
Q7168229.jpg

しかし、あまり成果物はなかった印象です。
Q7168235.jpg

湿原の北側にある矢の原沼も雰囲気ありそう。しかし車道からちょっと見えるだけで沼には近づけませんでした。
Q7168237.jpg

只見線の会津川口駅に来ました。景色の良い区間を乗車しようと思います。
Q7168243.jpg

12:32 発の会津若松行きに乗車。
Q7168250.jpg

奥会津らしい景色を見ながら・・・
Q7168260.jpg

第四只見川橋梁です。只見川に川霧が出てきたようです。
Q7168261.jpg

この後、早戸駅にかけて川霧が漂っていて幻想的でした。沿線のところどころで川霧と列車の写真を撮影している人たちがいました。

三径間の上路トラス橋が連なる、第三只見川橋梁。有名な撮影ポイントですね。
Q7168269.jpg

行き違い設備がある会津宮下駅。ノスタルジックな木製の駅名板が健在でした。
Q7168271.jpg

そして美しいトラスアーチ橋の第一只見川橋梁を渡りました。川霧の中や鏡のような水面に車体を映しながら橋を渡る列車の景観は、只見線の有名なビューポイントになりましたね。
Q7168276.jpg

まあ、列車に乗っていると美しい橋梁は見えませんが、水量の多い雄大な只見川の景色と橋を渡るちょっとしたスリルが楽しめました。

会津柳津駅で下車しました。
Q7168289.jpg

反対列車が来る約 40 分のあいだに周辺を散策しました。
Q7168280.jpg

柳津は虚空蔵尊で知られています。その虚空蔵尊がある円蔵寺を望める只見川の橋まで行って来ました。
Q7168285.jpg

町中を歩いていると「あわまんじゅう」のお店を発見。昔、虚空蔵周辺が火災にあった後、二度と災難に会わないようにと「あわ」を使って作られたお饅頭とのこと、お土産に購入しました。列車で来て散策していたからこそ出会えたお土産でした。
Q7168286.jpg

戻りの列車は会津柳津駅 14:05 発の会津川口行き。
Q7168292.jpg

乗った車両は今時珍しい非冷房車でした。天井の扇風機がぐるぐる回り、ほとんどの席で窓が開けられていました。私も窓を開けて草むらの蒸した匂いや線路の油っぽい匂いを感じながら乗車を楽しみました。昔はこんなふうにして乗っていたんだよなあ。こんな体験ができるのは最後かも知れない、そう思いながら貴重な時間をすごしました。

車両はボロいし遅い、しかし素朴な山村風景と水量豊かな只見川の風景が美しい、そんな只見線のプチ乗車でした。
Q7168311.jpg

終点、会津川口駅に着きました。
Q7168315.jpg

折り返し、列車が会津若松へ戻っていくのを、近くの高台で眺めてから帰宅しました。
Q7168323.jpg

もう一つお土産に、只見線を走るキハ 40 形の絵が埋め込まれた金太郎飴を見つけて買ってきました。売り上げの一部が只見線活性化のために役立てられるとのことです。
Q7168325.jpg

只見線の豪雨災害による不通区間、会津川口駅-只見駅間は鉄道で復旧することになりました。再び全線を通しで乗車できそうで、その日が楽しみです。


★最近のはるちゃん★

できれば近場で山登りに行きたいですが、雨降りばかりで予定が決められません。
Q8128738.jpg

こんな日は、ウインナーのようなはるちゃんとまったり。
Q8118715.jpg

nice!(41)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 41

コメント 4

yamatonosuke

渓流に民家に山と見事な日本の原風景ですね。
そんな車両に乗ったらきっと写真とりまくりだと思います。
ラッピングもかわいい〜
by yamatonosuke (2017-08-16 00:55) 

あおたけ

災害の休止区間もあり、
運行本数の少ない只見線ですが、
効率よく乗車を愉しまれていますね(^^)
車窓から眺める只見川の風景が、
絵画のような雰囲気で印象的です♪
全線が復旧したら、私もあらためて
乗りに行こうと思っています。
by あおたけ (2017-08-17 12:05) 

TakiHaru

yamatonosuke さま、こんばんは。
只見線はまさに日本の原風景の中を走る貴重な路線だと思います。
川霧が幻想的ですよ。ぜひ乗車なさってみてください。
ラッピング車両に乗れると何だかラッキーに思えますよね。
(ちなみにこのラッピング車両は非冷房車でした。)
by TakiHaru (2017-08-17 22:00) 

TakiHaru

あおたけさま、こんばんは。
ありがとうございます。突然只見線に乗りたくなりました。
いつ乗っても只見線はいいですね。
只見川に川霧が出ると本当に幻想的です。
今回は乗車だけだったのですが、やはり只見川第一橋梁や第三橋梁を渡るシーンも撮ってみたかったです。
不通区間の開通はまだしばらくかかりそうですが、再び全通するのが待ち遠しいですね。
そのときは今のキハ 40 ではなくなっているでしょうか?
by TakiHaru (2017-08-17 22:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。