So-net無料ブログ作成
検索選択

笹ヶ峰〜妙高山〜燕温泉 2016/08/20 [山歩き]

こんにちは。

新潟県上越地方の盟主的な存在で越後富士とも称される山、妙高山に登りました。
(下の写真は先週、池の平温泉のいもり池から見た妙高山です。)
QA224465.jpg

妙高山への登山道は燕温泉からの燕登山道または燕新道と赤倉観光リゾートスキー場のゴンドラリフトを使う赤倉登山道が一般的と思われますが、今回は裏手の笹ヶ峰から登り、燕温泉へ下るコースを選んでみました。

標高 1,300m の笹ヶ峰登山口。妙高山へというより主に火打山への登山口となるところです。早朝 5:20 頃の出発。
Q8203314.jpg

十二曲がりの急坂を登りきると白馬三山はじめ北アルプスの山々が見えてきました。
Q8203328.jpg

富士見平で火打山への登山道と別れ、すこし下り気味に進むと、黒沢池湿原が現れます。このあたりは標高 2,000m になります。
Q8203354.jpg

湿原沿いでは至る所でリンドウの群落と出会いました。
Q8203359.jpg

湿原越しに日本海が見えてきました。手前は柿崎付近の海岸線と米山、背後は出雲崎〜寺泊あたりの海岸線でしょうか、さらに海に浮かぶ島のように見える山は弥彦山と角田山です。
Q8203352.jpg

湿原の北端にある宇宙基地のような建物の黒沢池ヒュッテ前で小休憩。海の向こうに佐渡島がはっきりと見えました。
Q8203360.jpg

妙高山の外輪山の鞍部である大倉乗越で、ようやく妙高山山頂がある中央火口丘が見えました。しかし、雲がかかってきてしまった・・・
Q8203364.jpg

火口壁を下り、燕温泉からの燕新道と合流すると中央火口丘へのきつい登り。息もたえだえ、1 時間強で登りきると妙高山山頂に着きました。時間は 10:40、出発して 5 時間 20 分かかりました。ちょっと長い道のりだったな。
Q8203370.jpg

現在の妙高山の標高は 2,454m ですが、以前の標高は 2,446m でした。その場所は三角点がある北峰を指していたようです。

残念ながら雲で覆われて展望はありませんでした。私の自宅がある高田平野を天から見下ろす気分で眺めてみれると期待していたのに・・・次の機会までお預けです。といってもきつい山登りなのでしょっちゅう来たくないですが。

山頂一帯は岩の庭園のようです。写真の背後に妙高大神が祀られており、ここが最高標高点 2,454m 地点です。
Q8203376.jpg

燕登山道を下ります。最初は岩場や鎖場があります。
Q8203381.jpg

鎖場は階段が彫られているので、それほど難しくないと思います。
Q8203385.jpg

天狗平で赤倉登山道と分岐したのち、谷底へ下ると硫黄の匂いが鼻につくようになります。この先、燕温泉へ下るまで、もの好きな人にはたまらない温泉街道になります。

地面のところどころが青いビニールシートで覆われています。このあたりは北地獄谷と呼ばれる赤倉温泉の源泉地帯で、ビニールシートの下に源泉があるのだと思います。北地獄谷の至る所で湧出している温泉を集めた毎分 2,000 リットルオーバーの湯が山麓の温泉街へ引湯されています。それ以前は源泉がそのまま川へ流れ落ち、湯けむりが立ちのぼり、名前の通り地獄のような光景だったのかも知れません。

そんな一角に素敵な白濁の湯を湛えた露天風呂がありました。落石注意の看板が立ち、傍らにはベンチも備えてあるので、入っていいのだろうな・・・ということで入浴しました。
Q8203394.jpg

実は称明滝という滝のすぐ下にあるダイナミックなロケーションなのでした。
(きたない足が写っていてすみません)
Q8203398.jpg

湯はピリッと熱め。登山者だけが味わえる絶景の秘湯といったところでしょうか。入浴後、体にたっぷりと硫黄の匂いがしみ込みました。

赤倉源湯の石碑が置かれていた赤倉温泉源泉の管理小屋。手前の管からゴーッとすごい音で噴気が吹きだしていました。
Q8203408.jpg

この小屋の裏手にも素敵な露天風呂がありますが入浴してよいか分からず、私は一度も入ったことがありません。管理小屋に人がいれば相談してみるということになるかと思います。

管理小屋からはコンクリートの道となり、間もなく燕温泉街となるところで無料の露天風呂、黄金の湯があります。一般の観光客の方も来られる湯で、男女別に分かれています。
Q8203411.jpg

黄金の湯の近くに惣滝の展望台があります。日本の滝百選の一つ、落差 80m の滝です。惣滝の滝壺近くにも天然の野湯がありますが、安易に近づけない場所のようです。
Q8203410.jpg

また滝へと至る道の途中、吊り橋を渡って回り込んだところに、これまたメディアなどで良く紹介される混浴露天風呂、河原の湯があります。

登山の終着点、標高 1,100m の秘湯、燕温泉に 14:20 頃着きました。
Q8203412.jpg

燕温泉の旅館の立ち寄り入浴を利用して体を洗っていきたいと思っていました。しかし予定していたバスの時間が迫っていたため入浴はあきらめました。

その気になれば、登山の途中に称明滝下の露天風呂、赤倉源湯の露天風呂、黄金の湯露天風呂、河原の湯露天風呂、そして燕温泉の旅館の立ち寄り入浴と 5 ヶ所以上のハシゴ湯ができるのが燕登山道の魅力の一つかも知れませんが、さすがにそんなに温泉入浴する人はいないでしょうね。

今回は過去の妙高山登山で使ったことがない笹ヶ峰からのコースで登り、北アルプスの展望、黒沢池湿原で日本海や佐渡の大展望が見れ、そして下り道の途中で称明滝下の絶景の露天風呂に入浴したことで、山頂からの大展望は見れずとも妙高山へ登った価値があったと思います。

燕温泉で関山駅行きの市営バスに乗車。私のほか登山帰りの人ばかり 5 人ほどの乗車でした。
Q8203417.jpg

関山駅から電車で帰宅しました。
Q8203420.jpg

余談ですが、えちごトキめき鉄道の車両はラッピング車両が次第に増えているように思います。

あれ? 笹ヶ峰に置いてきた自分のクルマは? すでに公共の交通機関で取りに行ける時間ではなかったので、翌朝取りに行きました。

少しだけ次回へ続きます。


★最近のはるちゃん★

初冬の花、ツワブキが咲き始めました。
QA224446.jpg

はるちゃんの暖房など、冬の準備を始めるとしますか。

nice!(54)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

由利高原鉄道 鳥海山ろく線に乗車 [鉄道関係]

こんにちは。

由利高原鉄道、鳥海山ろく線に乗車して 1 往復しました。
(写真は鮎川-子吉間で)
Q8153254.jpg

鳥海山ろく線は秋田県由利本荘市内を走る、元国鉄矢島線を引き継いだ第三セクター鉄道で、羽後本荘駅-矢島駅間、23km を結んでいる鉄道です。

まず、羽後本荘駅 10:46 発の矢島行きに乗車。この列車は秋田おばこ姿のアテンダントさんが乗車する「まごころ列車」でした。
Q8153181.jpg

車両はカラオケも付いたイベント対応車両でした。
Q8153182.jpg

矢島駅までの往復に 1 日フリー乗車券を購入しました。この乗車券、裏面が葉書になっていました。旅先から思い出を投函できますね。
Q8153183.jpg

羽後本荘駅を出発。
Q8153186.jpg

ホームに花がたくさん咲いていた黒沢駅。
Q8153196.jpg

アテンダントさんは、乗客一人ずつ声をかけて観光案内やグッズの販売などを行っていました。車両最後部で立って景色を眺めていた私はどう考えても「鉄」に見えたのでしょう。タブレット交換の写真を撮りますか、と勧められました。

由利高原鉄道は、すでに珍しくなったタブレット閉塞方式を使用している鉄道で、途中の行き違い可能駅、前郷駅でタブレット交換を行っています。駅員さんと運転手さんでタブレットの受け渡しを行っているシーンを撮らせてくれるそうです。

前郷駅です。
Q8153202.jpg

正確には羽後本荘駅-前郷駅間が主に行き止まり区間などで使用されているスタフ閉塞、前郷駅-矢島駅間がタブレット閉塞になっていて、前郷駅でスタフとタブレットの受け渡しが行われました。
Q8153204.jpg

貴重なシーンを撮らせてもらいました。運転手さん、アテンダントさん、駅員さん、どうもありがとうございました。

鳥海山ろく線は淡々と田園地帯を進みます。当日は曇っていて鳥海山が見えなかったのがちょっと残念。
Q8153215.jpg

矢島駅に到着する直前の車内放送で、折り返し列車に乗車する方は車両の入れ替えを行うので一旦下車してください、との案内がありました。単純にこの路線を往復乗車することを楽しむ人が多いことを感じさせる案内でした。

川辺駅-矢島駅間で沿線唯一のトンネルをくぐった後、11:25 終点、矢島駅に到着。
Q8153218.jpg

由利高原鉄道本社や車両基地があり、駅舎も立派な矢島駅。鳥海山ろく線の拠点駅です。
Q8153220.jpg

まごころ列車用のイベント対応車両は車庫に入り、手前の一般車両、おばこ号が出庫しホームに入りました。
Q8153221.jpg

折り返し 11:49 発の列車に乗車。当日はお盆時期だったこともあるかと思いますが、矢島出発時点ですでにほとんどの座席が埋まりました。出発時、アテンダントさんや矢島駅の方の見送りがありました。
Q8153232.jpg

復路も車両最後部で景色を眺めました。
Q8153233.jpg

子吉川の流れが眺められる区間。
Q8153236.jpg

元行き違い駅だったと思われる西滝沢駅。
Q8153238.jpg

再びタブレット交換を行った前郷駅。
Q8153247.jpg

薬師堂駅を出ると羽越本線と並走します。羽越本線もかなり草ぼうぼう。
Q8153249.jpg

終点、羽後本荘駅に 12:30 到着。
Q8153251.jpg

個人的にあまり目立たない存在だった由利高原鉄道でしたが、実際に乗ってみて、タブレット交換の様子が見れたり、矢島駅で見送りを受けたり、またまごころ列車では鳥海山をバックに田園地帯を走る写真が付いた栞をもらったり、短時間ながらも予想以上に充実した乗車でした。

なお、羽後本荘駅前通りは、電線が地下に埋設され、高いビルがない 2、3 階建ての商店などがずっと続き、空が広くすっきりした町並みだったのも印象的でした。

車内でもらった由利高原鉄道のパンフレットには、沿線ガイドとして各駅毎のグルメ情報と近辺の見どころが載っていました。乗車後、そのパンフレットを参考に、薬師堂駅近くのラーメン屋で昼食をとったあと、列車の車窓からも見えた、鮎川駅近くの旧鮎川小学校に立ち寄りました。以下、設置してあった案内看板を参照して書いています。

平成 16 年まで小学校として使用されていた木造校舎、教室棟 3 棟と体育館が並行に建っており、中央校舎棟を中心に両側に均等に配置した左右対称構造、4 棟すべての切妻面が校庭側へ向いているなど全体の均衡を意識して設計してあるそうです。
Q8153268.jpg

内部は床、壁、天井、建具などが秋田杉の木目を活かし、徹底して和風造作にこだわった造りになっているとのことです。明治末期から大正期の校舎の建築様式を引き継いだ木造校舎として、現存するものとして秋田県最大級であり、平成 24 年に国の登録有形文化財に指定されたとのことです。
Q8153273.jpg

校舎内部の見学は許可をとる必要があるため出来ませんでしたが、私の地元で木造校舎といえば 2 階建ての校舎を想像するなか、平屋建ての長い校舎が 3 棟も並行に並んでいるのはとても美しい姿に思えました。


★最近のはるちゃん★

クローバー、ベビーリーフ、パクチーを混ぜた「はるちゃんのミニ野原」二作目は遅々ながら生育中。はるちゃんも食べて遊ぶのを楽しみにしているようです。
QA164400.jpg

nice!(51)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

玉川温泉、駒ヶ岳温泉、乳頭鶴の湯温泉 [温泉旅行記 / 全般]

こんにちは。

強酸性の湯で知られる秋田県の玉川温泉に立ち寄りました。
Q8143131.jpg

まずは源泉や噴気地帯を巡る玉川温泉自然研究路を散策。

いちばんの見どころは大噴と呼ばれる玉川温泉の源泉でしょうか。ザバーンザバーンと湧きだしている源泉は壮観です。
Q8143113.jpg

案内板によると「目の前の源泉は大噴と呼ばれ、温度 98℃、PH1.2 ほどの日本一の強酸性水が大量(毎分 8,400リットルほど)に湧き出しています。この温泉水は、塩酸を主成分としているのも大きな特徴です。また、下流の玉川は、大噴の強酸性水の流入で酸性が強く玉川毒水と呼ばれています。」と書かれていました。(現在は下流に中和処理施設があるようです。)

酸性が日本一であることのほか、一か所の源泉から湧出する量も日本一とのこと。

湧出量、毎分 8,400 リットルと言われても、にわかにピンと来ないのですが、源泉から流れ出る湯が川となって流れているのを見ると、その量の多さが実感できます。

煮えたぎる湯が流れていく川。ただの熱湯というだけでなく、塩酸主成分の強酸性の熱湯なので恐ろしいですね。落ちたらあっと言う間に溶けてしまいそうです。
Q8143125.jpg

温泉は樋に流されていて、湯の華の採取も行われているのだと思います。
Q8143106.jpg

自然研究路周辺は噴気地帯になっています。あちこちで噴気があがっていました。
Q8143120.jpg

地熱を利用した岩盤浴用の小屋が設けられていました。
Q8143117.jpg

小屋の中以外でも地熱があるところで、ゴザを敷いて寝転んでいる人たちがたくさんいました。

標高が高いところとはいえ、暑い夏でしたので、個人的に岩盤浴はかなりきつそうです。

散策後、旅館のお風呂で立ち寄り入浴しました。
Q8143137.jpg

全面木造の浴室、昔来たときは混浴の大浴場だったように記憶していますが、今は男女別に分かれ、源泉の濃さや温度別、また打たせ湯、気泡湯、寝湯などいろいろな入浴ができる浴槽が揃った浴室になっていました。

もちろん源泉 100% の浴槽に入浴しました。酸性泉特有のぬるっとした感触で、舐めるとむせるほど酸っぱく、傷があるところが強力にしみます。それ以外にも体中がピリピリしてくるように感じました。

慣れないうちは、長時間の入浴は湯あたりを起こしそうに思いました。玉川温泉のホームページには正しい入浴法や薬効などについて詳しく書かれています。強酸性であることから皮膚への効果が強いように思います。水虫も 7〜10 日ほどで完治した例もあるとホームページに書かれていました。

入浴して体中が酸っぱくなったところでドライブを続けます。玉川温泉へのアクセス道路、国道 341 号線は原生林の中を通り、玉川の渓流や玉川ダムなどを見ながら進む、運転していて楽しい道でした。

この日の宿泊先は、田沢湖に近い水沢温泉郷の駒ヶ岳温泉。メイン道路から離れてダートの道を進んだ森の中にありました。
Q8153176.jpg

部屋から渓流が眺められ、夜通し響き渡るザーッという水の音に癒されました。
Q8143144.jpg

お風呂は趣きのある木造の温泉棟にありました。
Q8153178.jpg

硫黄が含まれるかけ流しの湯ですが、玉川温泉に入浴してきた後でしたので優しいお湯に感じました。建物の外には渓流沿いの露天風呂、さらに宿泊客専用の露天風呂もあります。ただ、季節がらアブにさされて、その後 1 週間ほど痒みが続きました。

駒ヶ岳温泉は、あの乳頭・鶴の湯温泉の経営とのことで、名物山の芋鍋が味わえました。また夕食の〆にはご飯ではなく蕎麦が出て、これがおいしかったです(ご飯も好きなときにいただけます)。ごちそうさまでした。

さらに夕食後、鶴の湯温泉への送迎サービスがあり、利用しました。

20:00 頃に出発、約 15 分で鶴の湯温泉へ到着、一時間ほど入浴を楽しみ、21:30 頃、宿へ戻ります。

茅葺屋根の本陣という長い建物の横を通り、星空を見ながら名物の混浴露天風呂を利用しました。
Q8143154.jpg

隣接する湯屋の淡い灯に照らしだされたススキに囲まれた白濁の露天風呂、秋の始まりを感じさせられた風情あるお風呂でした。足元自噴もしているようで、たまにプクプクと気泡が湧き上がっていました。

露天風呂に続いて近くにある内湯、白湯と黒湯も利用しました。どちらも木造の浴槽に白濁の硫黄泉が満ちていました。白湯に比べて少し灰色がかった色のため、その名になったと思われる黒湯は 2 人ほどの小さな浴槽で、温度も温めで入りやすく、私は黒湯が気に入りました。残った時間をずっと黒湯で過ごしました。

訪ねた 3 ヶ所の温泉、どの温泉もリピートしたい温泉でした。

翌日は再び鉄道に乗車する予定です。


★最近のはるちゃん★

先週末はコスモスはるちゃん第二弾に挑戦。
QA164401.jpg

ところがコスモスでおめかしする前に、すべて食べられてしまいました。
QA164403.jpg

nice!(48)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

大館駅発、弘南鉄道大鰐線、五能線に乗って一周 [鉄道関係]

こんにちは。

秋田県の大館駅へ来ました。大館駅を起点に、弘前、五能線、東能代を通って列車で反時計周りに一周しました。
Q8142963.jpg

大館駅 6:39 発の普通列車青森行きに乗車。五能線全線開通 80 周年のラッピング車両でした。このあと五能線に乗る予定でしたので、より楽しみになりました。
Q8142974.jpg

まずは弘前まで行くのですが、まっすぐ行かず、大鰐温泉駅で下車。ちょっと寄り道して弘南鉄道大鰐線に乗りかえて弘前へ向かうことにしました。
Q8142977.jpg

りんご畑と田園を見ながら走る、JR と比べていかにも地方のローカル私鉄の雰囲気が濃い路線。ガタンゴトンとかなり揺れるのも乗っていて楽しいです。乗車時間が約 30 分と長すぎずちょうどよい時間でした。
Q8142990.jpg

奥羽本線をオーバークロスする地点で岩木山が見えました。
Q8142991.jpg

大鰐線のいくつかある行き違い駅では、一駅を除いて珍しい右側通行だったように記憶しています。やがて川に沿ってカーブしながら、中央弘前駅に着きました。川と住宅に挟まれた狭い立地も地方私鉄らしいです。
Q8142998.jpg

中央弘前駅と JR 弘前駅は直線距離で 1km 以上離れており徒歩で移動。

再び JR 線に戻り、弘前駅から、五能線経由のリゾートしらかみ 2 号に乗車。リゾートしらかみはキハ 40 改造車両や最新のハイブリッド車両など異なる 3 本の車両があります。当日の列車はキハ 40 改造のくまげら編成でした。
Q8143000.jpg

車内に入れば、音も静かで乗り心地もよく、また上下に広い大きな窓を備えていて、キハ 40 改造には思えませんでした。

当日はお盆休みでしかも週末のため、家族連れや観光客が大勢乗っていて座席は満席とのことでした。なお、海の景色がすばらしい五能線、普通座席で海が見える方向は A 席になります。私は早めの予約でもちろん A 席をゲットしていました。

青森始発のリゾートしらかみ 2 号は弘前で進行方向が変わり、2駅先の川部駅まで戻り、川部でまた進行方向が変わって五能線に入ります。

岩木山とりんご畑を見ながら進み五所川原-鯵ヶ沢間では津軽三味線の生演奏があります。

鯵ヶ沢付近から、待ちに待った日本海の景色が楽しめる区間になります。

千畳敷駅で約 15 分停車。列車から降りて海岸を散策することができます。ほとんど全ての人が下車していたようです。
Q8143019.jpg

地震で隆起してできたという岩床の千畳敷海岸。100m 四方以上の広さがあるように思います。
Q8143024.jpg

列車の停車時間で波打ち際まで行って来れるのがいいですね。
Q8143026.jpg

出発 3 分前に列車のタイフォンが鳴らされるので、それが聞こえたら急いで列車に戻ります。

千畳敷駅から先は海岸ぎりぎりを走ります。遠くに大きな船が見えました。敦賀-新潟-秋田-苫小牧を結ぶ新日本海フェリーの船でした。

奇岩が連なる海岸沿いでは徐行運転も。
Q8143048.jpg

深浦駅に到着。ここで反対列車のリゾートしらかみ 1 号と行き違い。
Q8143056.jpg

リゾートしらかみ 1 号は、今年 7 月にデビューしたハイブリット車両の新車、橅編成でした。こっちも乗ってみたい。
Q8143060.jpg

舮作崎をぐるりと回ると白神山地が見えてきました。
Q8143067.jpg

十二湖駅で多くの乗降がありました。隣の席が空いたので、ここで弘前駅で購入しておいた弁当をいただきました。ホタテとイカメンチの弁当です。なお、車内でもイカメンチなどの弁当の販売があったようです。
Q8143070.jpg

大間越駅-岩館駅間も奇岩が連なる絶景が続き徐行運転します。
Q8143072.jpg

海の展望はあきた白神駅付近まで。この後は田園地帯を進むようになります。

能代駅でリゾートしらかみのもう 1 車両、青池編成と行き違いしたあと、ほどなく五能線の終点、東能代駅に到着。
Q8143081.jpg

最後はちょっと眠くなりましたが、日本海の景色がすばらしかった約 3 時間半のリゾートしらかみの旅、満喫しました。

リゾートしらかみは、ここでまた進行方向を変えて秋田駅へ向かいますが、私は東能代駅で下車し大館駅へ戻ることにします。

五能線のキハ 40 形がやってきました。リゾートしらかみも良かったですが、やはりキハ 40 の普通列車で乗り通してみたかったかな。
Q8143089.jpg

大館駅に 13:28 着の列車で戻ってきました。
Q8143093.jpg

鉄道の旅はここで一旦終了。この後は自分のクルマで山の温泉へ向かいました。

今回は列車に乗りながら五能線の車窓を楽しむのが主目的で、途中下車はしませんでしたが、景色のよい海岸風景などを見て、列車でなくてもクルマを使って沿線を巡り、走りゆく列車を眺めたり、十二湖や白神山地、また北前船の寄港地だった深浦に立ち寄って散策してみたいと思いました。次の機会に実現できればと思っています。

また、五能線沿線は日本海へ沈む夕陽を堪能できそうです。できることなら波打ち際の露天風呂で知られる黄金崎不老不死温泉などの海沿いの温泉に入りながら夕陽を眺めてみたいものです。

おまけです。

五能線沿線で夕陽を見ていない代わりに、前夜、大館へ向かう途中、新潟山形県境付近で日没時間になりました。
Q8132947.jpg

道の駅あつみに立ち寄り、夕陽を眺めました。
Q8132952.jpg

寒い季節ではないので、だるまさんにはなりませんでしたが、夏の一日の終わりにふさわしい美しい日没でした。


★最近のはるちゃん★

定期的な体重測定は、トイレの下に計りを置き、じっとしている時を狙って測定します。
Q9193753.jpg

はるちゃんの体重はずっと 1,600〜1,700g のあいだで推移しています。

nice!(54)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

コスモスでおめかしはるちゃん 2016 編 [うさぎのはるちゃん日記2016以降]

こんにちは。

自宅の庭に咲いていた花々です。
Q9253894.jpg
Q9253897.jpg

そして今年もコスモスの花が咲きました。
Q9253906.jpg

はるちゃんにとってコスモスは観賞用ではなく食用ですね。
Q9253886.jpg
Q9253892.jpg

で、コスモスを頭の上にちょこんと乗せて、写真撮りたいのだけれど、ものすごく嫌がるので年々撮るのが難しくなっています。しつこくコスモスを乗せようとするとマジで怒りだします。
Q9303925.jpg
Q9303921.jpg

昨年のように かわいい写真をたくさん撮れませんでしたが、それでも小ぶりなコスモスで何とか「コスモスでおめかしはるちゃん」を撮ることができました。これが精一杯でした。
Q9303929.jpg
Q9303933.jpg

まだしばらくコスモスは咲いているはずですので、怒られない程度に、はるちゃんとコスモスのコラボレーション写真を撮ってみたいですね。

nice!(55)  コメント(14) 
共通テーマ:ペット