So-net無料ブログ作成
検索選択

京都 大原 〜 美山 かやぶきの里 [旅行いろいろ]

こんにちは。

京都北部と若狭地方をドライブ旅行しました。
Q8168949.jpg

まず京都大原、寂光院を訪ねました。
Q8168947.jpg

本堂は 2000 年に不慮の火災で焼失してしまったことが記憶に残っています。現在は再建されています。
Q8168958.jpg

寂光院は平清盛の娘、建礼門院徳子が隠棲されたところとして特に知られています。

平家が繁栄を謳歌していた時代、徳子は高倉天皇の中宮となり安徳天皇の生母となられました。しかし平家滅亡の壇ノ浦の合戦で入水しましたが引き上げられ、その後、安徳天皇や平家一門の菩提を弔うため余生をここで過ごされました。
Q8168971.jpg

後白河法皇が寂光院に隠棲した徳子を訪ねた大原御幸と呼ばれるお話が平家物語の最後の章に書かれています。法皇が訪ねたとき、徳子の庵は雨風が漏る簡素なもので、人も滅多に訪ねることもない寂しいところだったようです。
Q8168966.jpg

かつての栄華と比べるべくもない質素な暮らしに涙した法皇は徳子と対面されました。『先帝や御子や平家一門を弔いながらの今の苦境は後世菩提のための喜びであると述べ、六道になぞらえて己が反省を語る女院に、法皇はじめ共の者も涙するばかりでした。』(案内板より)
Q8168974.jpg

うまく書けませんが・・・「因果」「無常」について考えさせられた瞬間でした。

大原ののどかな風景を見ながら歩きました。直交する道は、日本海に海の幸を京都に運んだ道、鯖街道でしょうか。
Q8169036.jpg

大原は「しそ」の産地としても知られています。すでに旬を過ぎていると思いますが、少しだけ紫のしそ畑を見ました。
Q8168989.jpg

三千院を訪ねました。
Q8169029.jpg

聚碧園で畳に座って庭園を拝観・・・
Q8169003.jpg

紫陽花苑でまだ少し残っていた紫陽花を見ることができました。
Q8169023.jpg

寂光院同様、苔に包まれたしっとりした風景がとても印象的でした。
Q8169032.jpg
Q8169015.jpg
Q8169025.jpg

寂光院、三千院の静かで厳かな苔の庭を訪ねたら、邪念が消え心がすーっとなるような気がしました。普段は感じられない良い体験ができたと思います。

国道 367 号線を北上して途中峠を越え、しばらく走ったところで京都市北部広河原へと通じる狭い県道へ進みました。

途中の久多地区で、いちめんに咲く紫の花に目をうばわれました。
Q8169041.jpg

北山友禅菊と書かれた看板が立っていました。特にこの地域で栽培されている品種のようです。
Q8169048.jpg

通りがかりに思いがけない発見ができました。

広河原から佐々里峠、そして由良川源流沿いに、曲がりくねった道を走りました。

次々現れる集落の中で、かやぶき屋根の家々が立ち並ぶ集落がありました。南丹市美山の北集落です。
Q8169063.jpg

国の重要伝統的建造物群保存地区になっています。入母屋造りのかやぶき屋根の建物が 38 棟もあるそうです。
Q8169077.jpg
Q8169060.jpg

集落内を散策しました。各家々では花が咲き、のどかな雰囲気でした。
Q8169064.jpg

まさしく日本の原風景、このようなところを訪ねると何だかほっとするものです。
Q8169082.jpg

次回へ続きます。


★昨日のはるちゃん★

昨日、病院へ爪切りに連れて行きました。なんとなくいつもと違う雰囲気を察するのはたいしたもの。暴れてかみつかれるため、軍手で防護し捕獲。
Q9099546.jpg

病院へ行って来た後はご機嫌ななめ。「へやんぽ」で気分転換。
Q9099560.jpg

コスモスが咲き始めました。今年もはるちゃんとコスモスのコラボレーション特集を作りたいと思っています。


★★もうひとつおまけ★★

その後、万座温泉へ日帰り入浴に行きました。徒歩でなくクルマで山登り。標高 1,800m の万座は涼しく、温泉がとても気持ちよかったです。
Q9099581.jpg

万座温泉の近く、毛無峠に立ち寄りました。すぐ近くの旧小串硫黄鉱山で産出した硫黄を運搬していたと思われる索道施設が残っています。
Q9099570.jpg

この索道施設は良い被写体になっているようです。近くの山へ登れる道も整備されていましたので、次回は山散歩をしつつ、鉱山跡を眺めてみたいと思いました。
nice!(47)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行