So-net無料ブログ作成
検索選択
山歩き ブログトップ
前の5件 | -

笹ヶ峰 夢見平 2017/5/20 [山歩き]

こんにちは。

新緑の妙高高原、笹ヶ峰。夢見平遊歩道を散策しました。
Q5207651.jpg

一周 2 時間の短いほうのコース、「うさぎコース」を巡りました。雪の上を歩く箇所も多くありました。
Q5207608.jpg

クロサンショウウオの卵だろうか。
Q5207610.jpg

里ではすでに 4 月上旬に見終えてしまった花々が再び見れました。
Q5207607.jpg
Q5207612.jpg

雪解け水がたくさん流れています。そこではミズバショウの花がたくさん咲いていました。
Q5207615.jpg

冷たくて気持ちよさそう。
Q5207619.jpg

遊歩道に沿ってミズバショウの群落が点在しています。
Q5207618.jpg

雪の重みで折れ曲がってしまった?
Q5207626.jpg

遊歩道最大の見どころ、夢見平です。
Q5207638.jpg

湿原一面、ミズバショウが咲くところですが、ちょっと早かったかも知れない。人工物は何も見えない自然の真っただ中、鳥のさえずりだけが聞こえました。

Ω字に湾曲した川の中にミズバショウがきれいに点在している光景も見れました。
Q5207642.jpg

夢見平遊歩道の入り口、笹ヶ峰ダムの堰堤から残雪の山々が眺められました。標高 2,400m の活火山、新潟焼山。昨年より噴煙が少なくなっているように思いました。
Q5207605.jpg

残雪と新緑の中、心地よい散策ができました。


★最近のはるちゃん★

ぐぐーんと伸びて何が見えるのかな?
Q6117873.jpg

お婆さんが花を摘んで来てくれたのが見えたのですね。
Q6117882.jpg

nice!(38)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

米山、尾神岳 2017/5/20 [山歩き]

こんにちは。

米山(標高 993m)に登りました。
Q5207596.jpg

下牧登山口です。今回は下牧登山道を単純往復しました。当日は暑くなる予報でしたので早朝 5:30 に出発。
Q5207576.jpg

はじめは杉林、しだいにブナ林の中を登って行きます。
Q5207531.jpg

山頂の米山薬師参拝のための登山道として、歴史が古い下牧登山道。随所で石仏と出会います。
Q5207574.jpg

石仏さんと一緒に休憩できました。
Q5207535.jpg

出会う石仏の中で、圧巻は整然と並んでいる三十三観音でしょうか。
Q5207539.jpg

『米山には数多くの石仏が点在する。この三十三観音は過去の書物を賢察するが定かな言われは不明である。』『なぜ、西国三十三観音なのか? 多分、四国の三十三観音を再現し、この場所を霊場として再現したものと推測できる。』(案内板より)

ブナの根元にかわいい石仏さんが佇んでいました。
Q5207549.jpg

2 時間 10 分ほどで、薬師堂と大きな休憩所がある米山山頂に着きました。
Q5207553.jpg

米山薬師について『越後の米山薬師は日本三大薬師の一つとして知られている。』『米山薬師は病気平癒だけでなく五穀豊穣を祈る神として各地で米山薬師講が栄えた(旧山開き前日 6 月 30 日は、下牧および水野宿から山頂まで祈願する人の提灯の明かりがつながったと言われた)』と案内板に書かれていました。

富士山に登山する人の明かりが列をなして見えるように、当時の下牧登山道もそのような光景だったのかも知れません。

遠くの雪山は霞み気味でしたが、日本海と高田平野の眺望を楽しめました。田植え直後の水田は大きな湖のよう。
Q5207562.jpg

下りは花々を見ながら・・・
Q5207564.jpg
Q5207567.jpg

登山口へ戻ってきてもまだ 9:30 でしたので、もう一つ、米山の南隣に位置する尾神岳(標高 757m)も登ってみたいと思います。
Q5207602.jpg

中腹にパラグライダー基地があるため、パラグライダー好きの人たちには知られた山だと思います。

登山開始点はそのパラグライダー離陸場から。すでに標高 650m ほどまでクルマで登って来れました。すごい高度感。
Q5207579.jpg

山頂まで往復 1 時間程度。案内板には遊歩道と書かれていました。登山というほどではないかも知れません。約 10 分程度の展望塔までは急で段差が大きい階段、その後は軽いアップダウンが続く道でした。

正直、面白くないかもと思っていましたが、途中からブナ林が広がり心地良く歩けました。
Q5207590.jpg

先ほど登った米山が見えました。この場所には古い祠が置かれており、尾神岳も信仰の山だったように思われました。
Q5207595.jpg

山頂はあまり展望は開けていません。傍らに地元の小学生が書いた絵馬が奉納されていました。
Q5207597.jpg

眼下に、昔ながらの民家と棚田が広がっていました。
Q5207598.jpg

米山には毎年ゴールデンウィーク頃登っていました。その頃は登山道の一部に残雪が残っていましたが、さすがに 5 月中旬すぎになると雪はまったくありませんでした。

米山、尾神岳とも空気が澄んでいれば妙高や火打、北アルプスなどの残雪の山々が見えるはずです。春の米山に登ったときはいつも霞み気味のため、今度は空気が澄む秋に登りたいと思います。

また、尾神岳のパラグライダー離陸場は日本海に沈む夕日が綺麗に見えそうな場所でした。天気が良い夕方に訪ねてみたいと思いました。


★最近のはるちゃん★

今週末もはるちゃんとまったり。
Q6107857.jpg

何だろう? この生き物は?
Q6107862.jpg

nice!(45)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

角田山へ行ってきました 2017/4/1 [山歩き]

こんにちは。

今年最初の山歩きは角田山へ行ってきました。
Q4016535.jpg

登りは非公式のルートを使いました。
Q4016485.jpg

植生保護のため、道の両側に張られたロープをはみ出さないように注意が必要です。

冬枯れの中なのですっきりとした道。夏場は藪になってしまうのかな?
Q4016504.jpg

角田山山頂を一旦通り越して稲島コースへ少し下ったところにある観音堂で休憩。
Q4016507.jpg

次第に晴れる予報とのことでしたが、なかなか雲が取れず寒かった。晴れていれば新潟平野の向こうに飯豊連峰が見えるのではないかと思います。

帰りは灯台コースを下りました。
Q4016525.jpg

崖の下に日本海、遠くに佐渡を見ながらの絶景コース。
Q4016519.jpg

終点の角田岬灯台。そのまま海へ突入するようにして登山道は終わりです。
Q4016532.jpg

波打ち際を歩いて帰宅。夏なら登山終了後にそのまま海水浴ができるかも。
Q4016541.jpg

ちょうど雪割草やカタクリの季節でした。出会った花々を少しだけ。
Q4016477.jpg
Q4016478.jpg
Q4016488.jpg
Q4016500.jpg
Q4016497.jpg

このあたりは斜面の奥までいちめんカタクリが咲いていました。
Q4016510.jpg

当日はあいにく寒い日ではありましたが、雪割草などの花々の時季であることから、たくさんの人たちが登っていて一部登山道の渋滞もありました。可憐な花々を見ることができる往復 3 時間程度のきつくない山歩き。毎年最初の山歩きは角田山でいいな、と思いました。


★今朝のはるちゃん★

今朝は寒かったので「おんも」に出ず、部屋の中で遊びました。黄色の花をつけたヤマブキを見て欲しかったな。
Q4236869.jpg

桜が終わったあとはハナモモの濃い赤が目をひきますね。
Q4236877.jpg

nice!(47)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

籠町南葉山〜猪野山南葉山 2016/11/12 [山歩き]

こんにちは。

高田平野西側に連なる南葉山群。
QB134819.jpg

上の写真、列車の背後の山、右から青田難波山、猿掛南葉山、籠町南葉山、さらに山頂がはっきりしませんが五日市南葉山、猪野山南葉山と続いています。

それぞれの南葉山は猿掛南葉山を除いて山麓の集落名が名前に冠しています。私が住む上越市で単に南葉山というと、いちばん標高が高く大きなお椀を伏せたような形の青田難波山(標高 949m)を指しますが、まだ登ったことがない、妙高市側の籠町南葉山〜猪野山南葉山へ行ってみました。

籠町南葉山の登山口は南葉山群の中腹を走る重倉林道沿いで標高は約 450m です。路肩にクルマ 3 台分ほどの駐車スペースがあります。
QB124744.jpg

案内板が設置されています。この赤く表示された南葉山トレッキングコースを歩きます。
(クリックで少し拡大します)
QB124745.jpg

まず、くもり沢ルートと呼ばれる道を登ります。2 合目あたりまで、沢沿いのぬかるんだところがある急坂。すべりやすい地質の山なので急坂にはロープが設置されていました。また 1〜9 合目の標柱もしっかり設置されていました。
QB124748.jpg

2 合目からは細いブナ林の中を登ります。最初は紅葉が残っていましたが・・・
QB124757.jpg

徐々に冬枯れの林へ。
QB124765.jpg

本格的な降雪前にブナ林は枝打ちがなされたようで、しっかり保全されているように感じました(途中で営林署の職員と思われる人が山の斜面を歩いているのを見ました)。

登山口から約 1 時間 10 分で籠町南葉山(標高 909m)山頂に到着。展望は新井市街地が見える方向のみ開けていました。
QB124767.jpg

標柱の上が削れているのは、ひょっとしてクマの仕業?

少し休憩の後、稜線上の道を猪野山南葉山へ向かって、落ち葉が降り積もった道を歩きます。
QB124771.jpg

コース上にXXの窓と名付けられた展望ポイントがいくつかあります。新幹線の窓です。北陸新幹線の高架橋が横一文字に見えますが、新幹線が走っているのを見るには遠いかな。
QB124772.jpg

馬の背状の細い尾根がありますが特に難しくはありません。
QB124776.jpg

斐太の窓と名付けられた展望ポイント。新井の町が見渡せます。
QB124779.jpg

五日市南葉山(標高 789m?)、猪野山南葉山(標高 755m?)を通過。あまり山頂らしい地形ではありません。
QB124781.jpg

矢代の窓。棚田が広がっています。我が家で毎日食べている隠れたブランド米、矢代米の産地です。
QB124783.jpg

猪野山南葉山から下りになり、9〜1 合目の標識が設置されています。しかし距離が短いので早いピッチで標識が現れ、猪野山南葉山から約 15 分で重倉林道沿いの登山口に下りました。
QB124784.jpg

こちらの登山口の駐車帯は先の籠町南葉山の登山口より広く、クルマ 5 台以上停められそうです。

案内板には南葉山トレッキングコース(1日)と書いてありましたが、通して歩いて 2 時間 10 分ほどでしたので、半日で十分楽しめると思います。

出発点の籠町南葉山登山口まで重倉林道を戻ります。距離は約 3.5km あり、歩いても 1 時間程度だと思います。私はあらかじめ猪野山登山口に自転車を置いておきました。
QB124785.jpg

自転車で重倉林道を戻りました。登山道より林道沿いのほうが紅葉がきれいでした。
QB124793.jpg

重倉林道は狭い 1 車線ながら全線舗装されています。地元以外にはあまり知られていない道ですが高田平野や妙高山の展望がすばらしいです。
QB124789.jpg

なお、当日は曇り気味だったため、本来見えるはずの妙高山は雲に隠れて見えませんでした。

翌朝は快晴でしたので、どんなふうに妙高山が見えるのか、猪野山登山口へ今一度でかけてみました。
QB134810.jpg

山がくっきり。雪をかぶった妙高山、火打山はじめ、黒姫山、飯綱山が朝日に輝きはじめていました。


★最近のはるちゃん★

「はるちゃん、70cm ほど積もったぞ。」一晩で変わってしまった景色に何を思う?
Q1145595.jpg

外へ飛び出し雪遊びするかなと思いましたが、寒いのは嫌ですかね。
Q1145598.jpg

体をぶるぶるさせて、顔に降り注いだ雪を振り落していました。


★★もひとつおまけ★★

今日、関温泉へ風呂入りに行ってきました。本当は奥の燕温泉を予定していましたが、降雪量に除雪が追いついておらず、進むのは危険だと思って断念。関温泉でたっぷり温まってきました。屋根の上に積もった量をみると関温泉でも積雪はすでに 2m 近くあったように思います。
IMG_0048.jpg

駐車場に停まっていたクルマに面白いツララができていました。
IMG_0081.jpg

nice!(60)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

長井 葉山 2016/10/15 [山歩き]

こんにちは。

山形県長井市白兎地区にある葉山神社・・・
QA154286.jpg

狛犬ではなく狛兎が置かれています。
QA154282.jpg

白兎という地名や狛兎があることなどから、うさぎに関する伝説が残っています。神社手前に白兎の名の由来が書かれた案内板があります。

『約 930 年前、安倍貞任宗任と源義家の戦いで源氏が安倍氏を滅ぼし、以来 330 年間この地は荒れ果てた山でした。明徳 4 年(1393 年)丹後の国の恵法律師という偉い修験者が羽黒山に詣でるため、途中現在の五十川四ツ谷の堀の中で砂金の薬師如来を見つけました。この仏像を捧げて白狐と白兎に導かれて西山に登り、平坦な葉山平と農園御田代にお社を建てて祀りました。その道案内を兎がしたことから白兎の地名ができました。葉山神社の御神体は砂金の薬師如来です。』(案内板から引用)

西山が現在の葉山のことなのだと思います。以前訪ねてこの話を知ったときから、私も白兎に導かれながら葉山(標高 1,237m)に登ってみたいと思っていました。紅葉にはちょっと早かったですが、爽やかな秋晴れの日に葉山へ登ることにしました。

登りは葉山森林公園を基点とする白兎コース。朝、杉木立の登山口はうっすら霧がかかっており、神々しい雰囲気。
QA154227.jpg

白兎尾根をほぼ直登する白兎コースは標高差約 900m で意外ときつい。V字形に掘れている箇所が多く後半になるほど坂は急になりました。うさぎに導かれたなら、はりきって登れるのに、と思いながら・・・とはいえブナ林の中は気分良かったです。
QA154243.jpg

長井盆地は雲海でした。
QA154240.jpg

根元が曲がったブナ林は雪深い地であることの証し?
QA154245.jpg

やがて、草岡、勧進代からの登山道と合流すると、葉山山荘と2つのお堂が見えてきました。葉山の山頂はどこかはっきりしませんが、お堂のあるここが登山の山頂とみなすように思います。登山口から約 2 時間 30 分かかりました。
QA154253.jpg

左のお堂が聖徳太子の時代から続いている月山宮、右側のお堂が白兎地区の名の由来に書かれていた薬師如来を祀る葉山宮です。

またお堂にも葉山宮の詳しい由来が書かれていました。ここでは特に白うさぎの記述はなく、薬師如来を見つけた恵法律師は近隣の住人横源太と山麓の寺院の住職、宥光法印の協力を得て浄財を集め、3人で参道を改修し、荒れ果てていた月山宮の再建とともに薬師如来を祀る葉山宮(いずれも当時は権現)を建てたとのことです。

参拝後、もう少し奥まで歩いてみます。御田代と呼ばれる小さな湿原がありました。
QA154259.jpg

朝日連峰への縦走路を右に分け、さらに 5 分ほど進むと、小高い見晴らしのよい場所に出ました。ここが奥の院と呼ばれる場所のようです。2つの石積みはそれぞれ月山宮、葉山宮を表しているのでしょうか。
QA154260.jpg

西に祝瓶山。三角形の美しい山容を見て、いつか登ってみたいと思いました。
QA154261.jpg

南には飯豊連峰、磐梯山、西吾妻山などの山々を見ることができました。

帰りは勧進代コースを下りて見ることにしました。山頂から勧進代コースへ向かう道は軽トラが通れるくらいの幅広の道がしばらく続いていました。

幅が広い理由は、この道がかつての朝日軍道で馬が通れる規格で作られた道だからとのこと。安土桃山時代、越後から会津に国替えになった上杉家。飛び地になった領地の庄内と米沢を他国の領内を通らず直接結べる道を、家臣の直江兼続が指揮して開削したそうで、これが朝日軍道です。葉山の先、標高 1,871m の大朝日岳など朝日連峰の尾根を結んで作られた道は工事も通行も過酷であったのだろうと想像します。

その旧朝日軍道から分かれた勧進代コースは白兎コースと違って掘れている箇所はない、つづら折りの道でした。
QA154269.jpg

霧はすっかり晴れて長井市街地方面が良くみえました。長井盆地〜米沢盆地北部にかけては散居村でも知られています。
QA154271.jpg

白兎コース、勧進代コースとも道案内はしっかり設置されていました。
QA154273.jpg

コースの最後は長い林道歩きになりました。林道を約 20 分下るとゲートがあり、ここが登山口になります。山頂から下りは約 1 時間 30 分でした。
QA154278.jpg

私はさらに車道を約 30 分歩いて、クルマを置いた葉山森林公園へ戻りました。

登ってきた葉山を眺めるために、山形鉄道フラワー長井線、うさぎの耳が描かれた待合室がある白兎駅に立ち寄りました。背後の山並みでいちばん左側の山が葉山です。
QA154290.jpg

薬師如来を山頂に祀るときに白兎が導いたという伝説の道を登り、また私の地元ゆかりの武将が開いた朝日軍道の一部を当時を想像しながら歩いて、私にとってロマンを感じることができた山歩きでした。

なお、登山では伝説のような白兎に出会えませんでしたので、このあと実在の白うさぎに会ってから帰ることにしました。

山形鉄道の宮内駅。白うさぎのもっちいさんが駅長です。
QA154327.jpg

駅長のもっちいさん、駅員のぴーたー君、てん君の 3 羽のうさぎと遊んできました。
QA154318.jpg

その後、残念ではありますが 12/13 に駅員のてん君が 6 歳で天国へ旅立ちったことをもっちいのツイッターで知りました。この日一緒に遊んだのが最後でした。室内を走り回っていたときの元気な姿、なでなでした時の感触を思い出し、何ともやりきれない気持ちになりました。

駅長のもっちいさん、駅員のぴーたー君にはてん君の分までずっと長生きして欲しいし、私もまた時々遊びに行きたいと思います。


★最近のはるちゃん★

「大雪になって欲しくないけど、雪がまったく無いっていうのも変な気分だな。でも今週からいよいよ本格的な雪になるようだね。」
Q1075497.jpg

私はうさぎアレルギーは陰性でした(杉に対して陽性であることが判明しましたが・・・)。うさぎより牧草などの餌が影響しているのかも知れないとのことでした。今は鼻水鼻づまりの症状がほとんどでていないので、処方された薬を使いながらしばらく様子を見ることにします。

いずれにしても今までと変わらず、はるちゃんとふれあっています。

nice!(55)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 山歩き ブログトップ