So-net無料ブログ作成

笹ヶ峰 〜 火打山 2017/08/26 [山歩き]

こんにちは。

火打山(標高 2,462m)へ行って来ました。
Q8269330.jpg

夜中に激しい雨が降っていた日の朝、絶対晴れると確信してから自宅を出たため、登山口の笹ヶ峰を出発したのはいつもより遅めの 8:00 ちょっと前。

まずは森の中の長い木道を 1 時間近く歩きます。
Q8269278.jpg

まだ余裕があるうちに集中力を高める(?)練習。頭の中で「右足を出します、左足を出します」と意識しながら足を前に出し、同時に足裏で木道の感触をしっかり確かめながら歩きました。右足、左足・・・あれれ、いつのまにか頭で意識している左右と足の左右が逆になっている。何回やっても同じ。どうも木道の継ぎ目の段差を通過するときに頭と足がずれてしまっているようだ。まだまだ集中できていないのだろう。こんなことを何度も繰り返すうちに、最初の休憩ポイント、黒沢に到着。

黒沢を過ぎると急登が始まり、右足、左足と意識している余裕はなくなり、無意識(自分でも何を考えながら歩いているのかよく覚えていません)にひたすら登ります。行程標の 3/9km - 5/9km あたりはとても長く感じました。
Q8269292.jpg

北アルプスが見えてきました。白馬三山と唐松岳の隙間に剣岳や立山も見えたように思います。そろそろテンションが上がってくる頃。
Q8269293.jpg

妙高山方面への道が分岐する富士見平を過ぎると、ようやく目指す火打山と焼山が見えてきました。良い天気で展望も期待できそう。
Q8269301.jpg

出発して約 2 時間 40 分で高谷池ヒュッテに到着。高谷池を望むベンチがあり、いちばんの休憩ポイントでしょうか。
Q8269311.jpg

高谷池からは火打山を見ながら景色のよい楽しい道が続きます。
Q8269317.jpg

雪解けの頃はハクサンコザクラが咲き乱れるという天狗の庭。当日は冒頭の写真のように点々と白いワタスゲが見られました。
Q8269326.jpg

火打山が池塘にきれいに映れば良い絵になります・・・行き帰りとも風があってきれいに映りませんでした。
Q8269327.jpg

近く見えた山頂はまだまだ遠い。再び登りがきつくなります。
Q8269344.jpg

火打山はライチョウが生息する北限の山とのことです。いつもライチョウと出会うことを楽しみにしていますが今回も出会えませんでした。地球温暖化によりイノシシやシカがこの辺りまで生息範囲を広げ、また植生が変わるなどの環境変化で、ライチョウの個体数が急激に減少しているという報道を以前 TV で見ました。
Q8269347.jpg

自宅がある高田平野があんなに小さく、米山もあんなに低く、日本海はほぼ真下にあるように見える! いつも下界から見上げているだけの火打山、登ってみればすごい高度感。いつも感動する瞬間。
Q8269360.jpg

山頂に着きました。登り始めて 4 時間 30 分、すでにお昼をまわっていました。
Q8269361.jpg

さてさて展望ですが、北アルプスは槍ヶ岳まで見えました。西側の至近距離に焼山。今日は噴煙が確認できませんでした。焼山と左手のなだらかな金山の向こうにいびつな三角形の雨飾山が低く見えました。
Q8269373.jpg

北側は糸魚川市〜上越市の日本海、東側は妙高山とさっき通ってきた高谷池、天狗の庭がが望めました。
Q8269374.jpg

高谷池まで戻りました。火打山の日帰り登山は基本的に登ってきた道を単純往復することになりますが、ちょっと寄り道して黒沢池湿原へ周ってみました。
Q8269382.jpg

黒沢池湿原です。高いところから見ると意外と池塘が多いことにあらためて気づきました。
Q8269386.jpg

湿原の木道では夏の花々の終わりと・・・
Q8269402.jpg
Q8269403.jpg

秋の花が見れました。
Q8269393.jpg

黒沢池経由の道は少し遠回りで、思っていたより時間がかかりました。笹ヶ峰へ下山したのは 17:00 でした。

当日は大雨の直後だったので、道はぬかるんでいた箇所がたくさんありました。帰りの黒沢池湿原から元の道へ戻る富士見平までの道のぬかるみは特にひどかったです。なぜかこのようなときに限って、木の根に足が引っ掛かって前にベチャッと転び、首より下が泥だらけになりました。登りはじめに集中力を訓練したように、歩行中どこでも決して気を抜いてはいけないと思いました。

私ごとですみませんが、火打山は中学校の学校登山以来もっとも回数多く登った山です。できればもうちょっと標高差が小さくて距離も短く、コースに複数のバリエーションがあると良かったのですが、これからも毎年登っていきたい山です。


★最近のはるちゃん★

花は観賞より食材としか見ていないはるちゃん。わざとに食べさせている訳ではないですよ。一緒に写真撮ろうと思って花を近づけるとパクッと食い盗られてしまってまともな写真撮れません。これではコスモスとのコラボレーションはかなり難しそう。
Q9109585.jpg

ささやかながら庭にヒガンバナが咲いていました。このさき昼間の活動できる時間がどんどん短くなるのか。なんだか寂しいな。
Q9249905.jpg

nice!(54)  コメント(6) 

白山、砂防新道〜エコーライン〜お池めぐり 2017/08/13 [山歩き]

こんにちは。

昨年のお盆休みに続いて、今年のお盆休みも白山(標高 2,702m:御前峰)へ行ってきました。
Q8138840.jpg

夜中、市ノ瀬駐車場についたときはすでにたくさんのクルマが駐車していました。足の遅い私は 5:00 の始発シャトルバスに乗るべく、誘導員の方に、みなさん何時頃からバス停に並び始めているのか聞いたら、4:00 頃から並び初めていますよ、とのこと。またバスは 3 台出るとのことでしたが、余裕もって私も 4:00 ちょっと前から並び始めて、始発バスの先頭車に乗ることができました。

別当出合の出発は 5:20。どんよりした雲天でのスタートでした。
Q8138743.jpg

一般的な登山道、砂防新道を使いました。何だかどんどん追い抜かれていく〜。先は長いのでここで焦ったら絶対ダメと言い聞かせてマイペースでゆっくり登りました。

少しずつ雲の上へ出て来ました。これは予想以上に天気よくなりそうな感じ。
Q8138752.jpg

2 時間 20 分で南竜道分岐に到着。このまま砂防新道を登るより多少時間はかかりますが、景色の良い南竜道〜エコーラインを通ることにしました。上へ登るともっと壮大な雲海が見れそう。
Q8138779.jpg

エコーラインへ入ると御前峰が見えてきました。今のところ頂上からの展望も期待できそうです。エコーラインへと進む人は少ないようで、ゆったり歩けました。
Q8138796.jpg

沿道は花々が楽しめました。
Q8138782.jpg
Q8138801.jpg

昨年も同じ場所で同じ写真を撮った気がします。
Q8138805.jpg

背後は別山。次第に下って来る人と多くすれ違うようになりました。室堂に泊まられた方だと思いますが帰りにエコーラインを通る人は多そうです。
Q8138809.jpg

天の上にいるような素晴らしい景色でした。しかし次第に雲が上がって来ているような気がする・・・
Q8138827.jpg

出発して 3 時間 45 分、9 時すぎに室堂到着。御前峰頂上が雲に隠れる瞬間が現れ始めました。休憩をさっと切り上げ、とにかく早めに頂上を目指しました。何とか展望見るまで雲に隠れないで欲しい。
Q8138831.jpg

ちょっと焦ってしまい、途中で息切れて何回も小休止。さすがにきつくなりました。
Q8138834.jpg

出発して 4 時間 30 分、9:50 に御前峰頂上に着きました。直下の室堂以外は全て雲海。飛行機に乗っているような景色でした。
Q8138853.jpg

東側は雲があがってきて、展望はほとんどありませんでした。それでもこれだけ景色が見えたら大満足です!
Q8138851.jpg

下りはまずお池めぐりのコースを通ってみました。急な火口壁を下ります。今までとは違って荒々しい景色。
Q8138870.jpg

火口周辺のいくつかの池を見ながら歩けました。道は多少アップダウンがあります。
Q8138881.jpg

お花畑が美しい。
Q8138878.jpg

小さな雪渓、涼しいですね。
Q8138884.jpg

半周回ったところで、もういいかな、と室堂へショートカット。もうすでに頂上は雲に包まれてしまっていました。何とか早い時間に登れてよかったです。
Q8138888.jpg

ショートカットの沿道もお花畑でした。
Q8138887.jpg

室堂直下の道は登る人と下る人が入り混じって大混雑。この後も登ってくるたくさんの人とすれ違いました。今日だけで千回くらい「こんにちは」を言ったかも知れません。
Q8138894.jpg

黒ボコ岩で観光新道と砂防新道が分岐します。前回は観光新道を下りました。観光新道はお花畑や尾根からの展望が楽しめますが、上部のザレた道や最後の急な下りで不調な膝を痛めそう。またすでに雲の中へ入ってしまい景色も見えないため、おとなしく砂防新道を下ることにしました。

この後はずっと霧の中でした。また小雨が降り始め、我慢の下りになりました。こんな時の下り道はたいへん長く感じました。

別当出合に下ってきたのは 13:35。その後シャトルバスに乗って駐車場がある市ノ瀬に着いたのが 14:05 でした。
Q8138904.jpg

私は運よく市ノ瀬駐車場へ入れましたが、市ノ瀬の手前 2km ほどに渡って道の両側にびっしりクルマが停まっていました。お盆休みの日曜日であり、ものすごい人が来ていたのだなあ、ととても驚きました。

下山時の雨以外、頂上へ登りお池めぐりが済むまで良い天気で壮大な雲海やお花畑が見れ、混雑日にかかわらず来てよかったです。

トレイルランをするような格好のエキスパートの方々、子供と一緒の家族連れの方々、林間学校と思われる小学生のグループなどいろいろな人達が山登りを楽しんでいました。

白山・・・登山の標高差は 1,450m と決して楽な山ではないと思います。しかしどんなタイプの人も受け入れてくれる懐が深い山なのだな・・・そんなことを思いながら帰路につきました。


★今朝のはるちゃん★

あっ、また偽妊娠が始まったのか?
Q9039528.jpg

すぐに「べらんぽ」を開始。外で遊んで、早く忘れて欲しいものです。
Q9039537.jpg

nice!(49)  コメント(16) 

田代山、帝釈山 2017/08/10 [山歩き]

こんにちは。

福島、栃木県境にある帝釈山地の田代山。台形状の山の山頂が広大な田代山湿原になっています。
Q8108674.jpg

先日、会津地方の駒止湿原を訪ねた際、もらったパンフレットで田代山湿原を知りました。また別のパンフレットに載っていた、山頂をスパッと平らにカットしたような台地が湿原になっている航空写真を見て、ぜひ行ってみたいと思っていたところです。

途中で仮眠しつつ早朝に南会津町の舘岩地区まで来て、夜が明けてから登山口へ通じる県道栗山・舘岩線へ入りました。
Q8108646.jpg

湯ノ花温泉を過ぎたあと、11km ものダートを走って猿倉登山口に到着。県道はこの先通行止めです。駐車場に停まっていた先客はクルマ 1 台のみでした。
Q8108648.jpg

6:00 に登山開始。まずは沢沿いからスタート。
Q8108658.jpg

沢音を聞きながら歩けるかなと思いましたが、すぐに沢を離れて急斜面をジグザグに登る道になりました。

次第に視界が開けてきました。下界は雲海。
Q8108662.jpg

1 時間 10 分で小さな湿原、小田代を通過。山頂湿原までもうひと登り。
Q8108665.jpg

さらに 20 分登ると突然視界が開け、山頂の田代山湿原に出ました! 湿原と徐々に視界に現れてくる会津駒ヶ岳の展望が感動ものです。
Q8108669.jpg

湿原はまったく平らではなく、緩やかな片斜面になっていました。流れだす水はやさしい流れ。
Q8108675.jpg

特にキンコウカがたくさん咲いていました。別のパンフレットでは一面黄色の絨毯になっている写真を見ましたので、最盛期はもっと綺麗なのだと思います。
Q8108681.jpg

ワタスゲはもう終わりでしたが少しだけ見ることができました。
Q8108684.jpg

遠くの山は飯豊連峰。
Q8108683.jpg

田代山湿原は 1 周できる道がつけられていますが反時計周りの一方通行になっています。半周まわったところで一旦湿原を離れ、西隣の帝釈山へ向かいました。

こんな道を進んで・・・結構遠く感じました。
Q8108687.jpg

振り返ると、正面が田代山です。帝釈山へ向かうと、航空写真で見たような湿原風景が見れるかなと思いましたが、田代山湿原は北東方向へ向かってなだらかな下り斜面になっているので、湿原の様子は見れませんでした。
Q8108689.jpg

帝釈山地の主峰、帝釈山頂に着きました。猿倉登山口からちょうど 3 時間かかりました。桧枝岐方面の馬坂峠からだと 1 時間足らずで登ってこれるようです。
Q8108690.jpg

燧ヶ岳と平ヶ岳でしょうか。その他男体山、日光白根山、越後駒ヶ岳、会津駒ヶ岳なども見れ 360 度の大展望でした。それにしても頭上を飛ぶトンボの数がすごかった。
Q8108691.jpg

来た道を引き返し、再び田代山湿原へ出ました。この頃になると他の登山者の方々と出会うようになりました。奥の吾妻連峰の山々の手前に磐梯山(写真ではちょっと分かりませんが)が見えました。
Q8108686.jpg

一方通行のため、往路とは別の道を歩きました。山頂台地は厳しい自然環境だからでしょうか、傾いている木々が多いです。
Q8108704.jpg

帝釈山〜田代山湿原〜猿倉登山口の帰りは約 2 時間 30 分かかって 12 時頃下山しました。猿倉登山口の駐車場は約 10 台ほどクルマが停まっていました。上下に 2 ヶ所ある駐車場、下のほうのトイレがある駐車場は 0 台でした。

珍しい山頂湿原の田代山をパンフレットで見つけて実際に訪ね、私にとってなじみの薄い山域の山々を少し知ることができました。もっと混んでいるのかな、と思って朝早く来ましたが、本格的なお盆休みの前だったのか、意外に静かな山旅を楽しめたのも良かったです。

下山後の温泉は、猿倉登山口最寄りの湯ノ花温泉の素朴な共同浴場が魅力的です。しかしどこにクルマを停められるのか分からずパス。南郷地区の古町温泉赤岩荘さんで立ち寄り入浴。
Q8108709.jpg

まず露天風呂を利用しました。茶色の塩辛いお湯はばっちり効きそうな湯でした。ただし 2 槽ある湯船のうち湯口に近いほうの湯船は超激熱。誰が入れるのだろうか? 湯口から離れたほうの少し加水中の湯船に入れました。また大きなアブが 2 匹ほどウロウロしていたので結局短時間で退散。最初から内湯に入ればよかったな。内湯のほうが湯の鮮度は良さそうでした。

山歩きと温泉のあとは、汁物が食べたい。近くの道の駅きらら 289 でトマトラーメンをいただきました。南郷地区はトマトが特産品です。
Q8108711.jpg

めちゃめちゃトマト! という味ではありませんでしたが、ちょっとトマト風味のスープと大きなトマトが乗った珍しいラーメンでした。


★最近のはるちゃん★

もう彼岸花が咲く季節になったのか・・・と思ったら、これは夏水仙?
Q8209273.jpg

はるちゃんにも見せてあげたいが彼岸花や水仙は毒性があるようなので、はるちゃんに近づけられないな。たんぽぽで我慢してね、というか、たんぽぽのほうが嬉しいですか?
Q8209257.jpg

nice!(41)  コメント(10) 

弥陀ヶ原 〜 月山 2017/08/05 [山歩き]

こんにちは。

山形県の月山(標高 1,984m)へ行ってきました。
Q8058577.jpg

利用した登山口は月山 8 合目弥陀ヶ原です。駐車場に早朝 4 時すぎ到着。すでに 25 台ほどクルマが停まっていました。鶴岡方面の夜景がきれいでしたよ。

ひと眠りして 7 時頃出発しようと思っていましたが、薄暗いうちから周りの人たちが登り始めているのを見てソワソワして眠れず、5:15 に登山開始。
Q8058520.jpg

東側は雲海でしたが・・・
Q8058542.jpg

北側は鳥海山が顔を出していました。
Q8058521.jpg

たびたび振り向いて、鳥海山、庄内平野、日本海の展望を楽しみながら登れました。
Q8058533.jpg

行者返しという短い急登 1 ヶ所を除いて、ほぼなだらかな登りでした。全体を通して一部の木道以外は石の上を歩くといったイメージの道でした。
Q8058583.jpg

豪雪と夏スキーで知られる月山ですが、さすがに登山道に雪はありませんでした。ただ雪が溶けて間もない斜面は遅い春の始まりでした。
Q8058543.jpg

9 合目の佛生池あたりから、沿道は一面のお花畑になりました!
Q8058591.jpg
Q8058561.jpg
Q8058544.jpg

山頂近くまで登ってくると西側斜面が見えてきます。いかにも高い山へ来た景色。
Q8058566.jpg

2 時間 30 分で頂上の月山神社に到着。周辺を散策。
Q8058570.jpg

頂上台地の南側からは、朝日連峰、その奥に飯豊連峰が見えました。また南西方向に日本海に浮かぶ粟島が見えました。
Q8058573.jpg

白装束の参拝登山者に出会うのも月山ならでは。
Q8058579.jpg

下りは途中で霧に包まれました。暑い季節ですので霧の中は逆に涼しくて快適。

弥陀ヶ原まで下ってくると霧が晴れました。青空のもとでは池の色が綺麗です。
Q8058593.jpg

まっすぐ駐車場へは下らず、弥陀ヶ原の湿原を散策。
Q8058601.jpg

黄色い花(キンコウカ?)がたくさん咲いていました。またところどころでニッコウキスゲにも出会えました。
Q8058605.jpg

下りは弥陀ヶ原湿原に立ち寄ったため、登りと同じ 2 時間 30 分要し、11 時すぎに駐車場へ着きました。

今回利用したコースは標高差 600m ほどになります。月山は森林限界が低い山のため、高い木々はなく終始展望を楽しみながら歩ける山だと思います。また今回は沿道のお花畑も楽しめました。逆に雷が鳴ってきたら逃げる場所がないので怖いのだろうな。

弥陀ヶ原散策の途中、御田原神社に立ち寄り。巨大な狛うさぎが鎮座しています。
Q8058609.jpg

月といえばうさぎを連想するように、昔からうさぎは月山神のお使いとされてきたそうです。首が太く強面の狛うさぎ、畏敬の念を抱きつつ参拝してきました。
Q8058611.jpg

御田原神社でうさぎのお守りを買ってきました。
Q8058613.jpg

月山の神様の力が宿ったこのお守り、うさぎのはるちゃんに授けようと思います。


★最近のはるちゃん★

お盆休みは気温が低い日があって、久々に「べらんぽ」できました。
Q8158929.jpg

新しい遊び道具? 枝を落とした柿の木が置いてありました。おやっ、柿の葉っぱも食べるのか?
Q8158923.jpg

nice!(46)  コメント(6) 

小赤沢 〜 苗場山 2017/07/22 [山歩き]

こんにちは。

苗場山(標高 2,145m)へ行ってきました。
Q7228429.jpg

秋山郷小赤沢の 3 合目駐車場を出発。最初はなだらかな登りを巨木を見ながら歩きました。
Q7228365.jpg

自然の倒木を輪切りにし、ぬかるみの多い登山道へ埋めて、歩きやすい道にしてくださっているようです。
Q7228374.jpg

6 合目を過ぎると、鎖がついた急な登りが何ヶ所か現れました。
Q7228377.jpg

各合目の標識はしっかり建てられていました。3 合目 〜 6 合目は距離が長く、6 合目 〜 9 合目は早いピッチで標識が現れた印象です。
Q7228385.jpg

そして 9 合目から楽しみな山頂湿原の道になりました。
Q7228406.jpg

霧が出ていて展望はいまいち。花々も露に濡れていました。
Q7228390.jpg
Q7228397.jpg

湿原の木道は朽ちている箇所が多かったです。ちょっと気を緩めると朽ちているところへ落ちそうになったり、シーソーのようになった柱を踏んでよろけそうになることが何回かありました。

山頂へ近づくにつれ、霧がとれてきました。
Q7228422.jpg

頂上がたいらな苗場山。冒頭の写真のように山頂はあまり山頂らしくなく、展望もありません。ただし、山頂からちょっと離れれば、広大な湿原の展望が広がります。

この素晴らしい景色のテラスで、早いランチにしよう。
Q7228432.jpg

湿原の中で人が歩ける場所はわずか。手つかずの自然がたくさん残されているようです。
Q7228434.jpg

下りは往路より天気が良くなりました。
Q7228439.jpg

しぼんでいた花も開き、チングルマやワタスゲをはじめたくさんの花々が見られました。
Q7228444.jpg
Q7228466.jpg

ワタスゲの島・・・
Q7228436.jpg

ワタスゲの回廊・・・
Q7228468.jpg

池塘の周囲をワタスゲが縁取り・・・
Q7228475.jpg

同じ道を戻って小赤沢へ下りました。
Q7228471.jpg

湿原で花々を眺めていた時間を含めて、所要時間は登り 3 時間、下り 2 時間 30 分でした。苗場山は 3 年前の 8 月末に来て以来です。そのときは結構人が多かったので、花の季節である今はもっとたくさんの人が訪れているのではと思っていましたが、意外とすいていて、マイペースで山歩きを楽しめたと思います。木道の 1 車線区間のすれ違いも特に苦労しませんでした。

登山口の小赤沢集落がある秋山郷は、平家の落人伝説が残る山深い秘境。深い谷間の狭い平地に小さな集落が点々としています。
Q7228485.jpg

お昼になる前に下ってきたので、もう一つの楽しみ、かけ流し温泉で入浴していくことにしました。屋敷温泉秀清館さんにお邪魔しました。上写真右下の茶色の建物です。

秋山郷はいくつも温泉が湧いています。その中で硫黄泉は屋敷温泉だけだと思います。利用した内湯浴槽は少し薄緑色した白濁の湯が満たされていました。湯口からの投入量も多いです。加水かけ流しでちょっと熱め。終始貸切状態でしたので、ちょっと入っては風呂横のスノコでトドになって休むのを繰り返しました。いずれにしても硫黄の香りに包まれた入浴は気持ちよく、最後は頭から湯を何杯もかぶって仕上げました。


★最近のはるちゃん★

まだ梅雨は明けず、雨の日が多いです。
Q7238491.jpg

はるちゃんは、頻繁に外を眺め・・・
Q7238493.jpg

「おんも」へ出たいと待っているようでした。
Q7238496.jpg

nice!(43)  コメント(10)