So-net無料ブログ作成
検索選択

光ヶ原 〜 黒倉林道 〜 斑尾・沼の原湿原 [身近な風景]

こんにちは。

6 月中旬、近所をドライブ & 散策しました。まず上越市板倉区、標高約 800m の光ヶ原高原へ。日本海が一望できます。
Q6117926.jpg

光ヶ原はかつて牧場がありました。すでに牧場は閉鎖され、一部が畑になっています。
Q6117939.jpg

ちょっと北海道の美瑛の丘みたいな風景だな。
Q6117936.jpg

ミズバショウの森を散策。
Q6117883.jpg
Q6117885.jpg

ミズバショウはすでにビッグサイズに。
Q6117886.jpg

そのまま進むと、ブナ林になりました。いつ来てもブナ林はいいですね。
Q6117916.jpg

光ヶ原の麓に実家があった母親は、このブナ林を「水源地」と言っていました。その名の通り、ブナ林の中でいくつか水が湧きだしている場所があります。
Q6117918.jpg

こちらは、光ヶ原からわずかに下ったところにある、わさび田の森。わさびは良く分かりませんでしたが、苔がびっしり生えた沢が神秘的でした。
Q6117929.jpg

光ヶ原から、柄山 〜 ヨシ八池 〜 平丸、そして国道 292 号線の長沢地区へと走りました。

この道は、信越トレイルの西側直下の山腹を縫うように走る 1 車線の舗装林道、黒倉林道です。各所から信越トレイルへアクセスできるアプローチ道が出ています。

沿道はそれほど絶景ではありません。写真のような植林された杉林などを眺めながら、対向車に出会うこともなくのんびり走れました。
Q6117942.jpg

途中、平丸ふれあいの森という、これまた美しいブナ林がありますが、さきほど光ヶ原でブナ林を歩いたので今回はパス。

斑尾高原へ登って、妙高市の沼の原湿原に寄りました。
Q6117956.jpg

案内板に長短 3 本の散策路が載っていました。今回は一周 1.6km の短いショートコースを散策してみました。
Q6117947.jpg
Q6117946.jpg
Q6117960.jpg

木道は足へのあたりが柔らかくていいですね。この黄色の花がたくさん咲いていましたよ。
Q6117950.jpg

ここのミズバショウもすでにお化けのようにビッグサイズになっていました。
Q6117958.jpg

案内板にはこのように書かれていました・・・江戸時代の記録によると湿原は元々最大 75 戸も存在した集落だったそうです。 大正 15 年に電力会社の貯水池としての用地買収と同時に全戸が離村し、その後はひそかに花の大群落が形成され、斑尾高原の開発とともに脚光を浴び始めてきたとのことです。

湿原の多くは昔は水田だったのでしょうか。湿原内は道、水路、木々が並行して一直線に並んでいるところもあり、かつて人の手が加えられていた名残りなのではと思いました。

沼の原湿原は初めて来ました。気軽に散策に来れるところとして楽しめる湿原でした。今頃はニッコウキスゲなどが咲いているかも知れないし、また行ってみたくなりました。


★昨日のはるちゃん★

週末に実施される、はるちゃんの拡張へやんぽ。セッティングはたいへんですが、はるちゃんが喜んでくれるなら・・・

屋内の様子。
Q7088114.jpg

屋外の様子。両方合わせて広いエリアを独り占め。
Q7088113.jpg

アチチな一日。朝の早いうちなら、まだ屋外で遊べるね。
Q7088110.jpg


nice!(43)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1泊2日プチ湯治・・・大沢温泉+周遊、後編 [温泉旅行記 / 宿泊]

こんにちは。

かじか蛙の鳴き声を聞きながら入浴できそうな、岩手県の大沢温泉に宿泊しました。
Q6037797.jpg

大沢温泉は大きなお宿で、旅館部の山水閣、自炊ができる昔ながらの湯治屋、そして川を挟んでかやぶき屋根の菊水館からなっています。今回、私は山水閣に泊まりましたが山水閣の宿泊客は全てのお風呂を利用することができます。

そんな大沢温泉の風景をいくつか・・・
Q6037792.jpg
Q6037811.jpg
Q6037809.jpg
Q6037808.jpg

さてさて、まずは川沿いの有名な混浴露天風呂、大沢の湯で入浴。川に手が届きそうな
露天風呂、緑の山々と向いにかやぶき屋根の菊水館が見え、景色も良いですね。
Q6037813.jpg

ここでかじか蛙の鳴き声が聞こえたら最高なのですが・・・うーん聞こえませんでした。

その後、山水閣の大浴場や家族風呂などをハシゴし、部屋へ戻ってしばらくすると、外でフィルルルル、フィーフィーと聞こえました。かじか蛙が鳴きはじめたようです。来て良かった。

部屋からの景色です。かじか蛙の鳴き声が聞こえます。あーいいですね、この声・・・
Q6037821.jpg

夕食は部屋で。窓を開け(網戸が無いので虫が入って来ないか要注意)て、かじか蛙の鳴き声を聞きながら地酒をいただきました。
Q6027789.jpg

珍しかったメニューでは、メヌケという魚の餡かけ、地元花巻産の白金豚を使った料理をいただきました。メヌケという魚は初めて聞きました。深海の魚で高級魚とのこと。白身魚でおいしかった。日本海側でいえばノドグロのような立ち位置なのだろうか。

その他、蒸しホヤやホタテ貝の酒蒸しなど三陸海岸などで有名な食材を使ったお料理もいただきました。かじか蛙の鳴き声を聞きながらの食事、おいしかったです。どうもごちそうさまでした。

日本酒もいただいていたので食事後はすぐにダウン。夜中にぬくっと起きて、階下にある豊沢の湯へ入浴に行きました。豊沢の湯は夏場は窓がオープンになって半露天風呂のような造り。投入されるお湯の音がちょっと邪魔でしたが、ここではお湯に入りながら涼しいかじか蛙の鳴き声が聞けました。かじか蛙は大沢の湯がある上流より山水閣がある下流側に多く住んでいるようでした。

急ぐ旅ではないので、朝食後川沿いの露天風呂、大沢の湯へまた入りに行きました。数あるお風呂の中で、この露天風呂のお湯がいちばん濃いような気がしました。少し温泉臭が漂い、肌がツルっとなります。この時間に入っている人はなかなか上がろうとしません。きっと皆さん温泉が大好きなんだろうなあと思いました。かじか蛙の鳴き声もかすかに聞こえたように思いました。

湯上りは湯治屋の売店でオリジナルアイスをいただいてすっきりした後、チェックアウトしました。
Q6037820.jpg

せっかくですので、もう一つ別の温泉へ寄っていくことにします。

大沢温泉のさらに上流に位置する鉛温泉に寄りました。宮沢賢治をイメージした案内板が設置されていました。
Q6037830.jpg

鉛温泉の藤三旅館さん、昭和 16 年築の総けやき造りの本館の建物が立派です。
Q6037826.jpg

まずは名湯、白猿の湯に入浴。1 階からさらに地下へ降りたような場所にあります。深さが約 1.2m もあって立って入浴するめずらしいお風呂。浴槽の底から湧出している足元自噴泉で投入口はなく、浴槽縁から静かにオーバーフローし排水溝へ流れる音だけが聞こえる静寂の世界。温いお湯で長時間入っていられそうです。時々底からプクプクと泡が湧き上がってきていました。見上げると 3 階まで吹き抜けになって広々しています。私も一緒に入っていた方々も浴槽縁を枕にして天井を見つめ静かに瞑想していました。

1 時間ほど入っていました。続いて、内湯と露天風呂を備えた桂の湯に入浴。こちらの湯も大沢温泉と同様、川沿いにあります。ただ左右に壁があるので、周囲の展望や風情は大沢温泉の露天風呂のほうがよかったです。

藤三旅館さんも川ぎりぎりに建てられているのが分かります。
Q6037827.jpg

この後は雨天になったため、ところどころで休憩しながらゆっくりと帰宅しました。秋田県〜山形県と走り、鶴岡から日本海沿いの国道 7 号線を通りました。海は荒れ狂い、白い波の花が舞っていてクルマに波しぶきを浴びました。6 月だけど、なんだか真冬のような光景でした。

今回のプチ湯治は両日とも悪天候になってしまい、晴れていたら寄りたかったところへ行けませんでしたが、大沢温泉では期待していた通り、かじか蛙の鳴き声を聞きながらお湯に入り、かじか蛙の鳴き声を聞きながらおいしい食事をいただき、かじか蛙の鳴き声を聞きながら就寝でき、日頃のストレス解消ができたと思います。

またかじか蛙の鳴き声が聞けそうな温泉へ行きたいな。


★最近のはるちゃん★

この週末は大雨だ。
Q7018088.jpg

週間天気予報はずっと雨。このようにウッドデッキで寝転びながら、はるちゃんとひなたぼっこできるのは、次回は秋になってしまうかも。
Q6248074.jpg

先日、家の玄関先で緑色の発光ダイオードのような光がユラユラしているのを見ました。ホタルです。どこから飛んで来たのだろう。裏を流れる小さな用水路にカワニナが這ったような跡を見たことがあるので、そこから来たのだろうか。他にいないか探しましたが見つかりませんでした。

自宅で見られるなんて感激です。ぜひまた見たいですね。

nice!(47)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

1泊2日プチ湯治・・・大沢温泉+周遊、前編 [温泉旅行記 / 宿泊]

こんにちは。

かじか蛙の鳴き声を聞きながら入浴できそうな温泉を訪ねて、岩手県へ行きました。

温泉は宿泊でのお楽しみ。まずは龍泉洞へ。
Q6027743.jpg

昨年 8 月の台風被害で閉鎖されていた龍泉洞。3 月に再びオープンしました。

なんといってもドラゴンブルーと称えられる地底湖が見ものですね。第 1 から 第 3 地底湖まで公開されており、第 3 地底湖は水深 98m もあるそうです。神秘的な青い世界が広がっていました。
Q6027734.jpg

未公開の第 4 地底湖は水深 120m もあるそうです。地底湖は第 8 まで確認されているそうです。未公開の地底湖も見てみたいな。

一部狭い場所、天井が低い場所もあり、頭をぶつけないように注意して歩きました。洞内は青〜紫〜赤と色が変化するLED照明に照らされ、ちょっと派手めな演出になっていました。
Q6027742.jpg

さすがに龍泉洞がある岩泉町は遠かった。本当は鵜の巣断崖や北山崎など、海まで達してみたかったのですが、夜通し走ってきたため眠く、道の駅いわいずみでぐっすり昼寝していたら時間がなくなってしまいました。

2014 年に廃止された JR 岩泉線に沿って走ることにしました。岩泉線の終点だった岩泉駅です。駅舎、駅前広場とも立派な造りでした。
Q6027747.jpg

駅だった建物の 1 階はがらんとしていました。建物の中からホームが見えました。
Q6027748.jpg

続いて浅内駅に立ち寄りました。岩泉駅まで延伸する前は終点だった駅。駅舎からホームまで距離があり、かつては何本も側線があったことをうかがわせました。
Q6027752.jpg

まだ給水塔が残っていました。
Q6027755.jpg

ホームはルピナス?に占領されつつありました。
Q6027754.jpg

岩手大川駅付近で。線路はU字カーブを描くようにして押角峠へ登り始めるところです。
Q6027757.jpg

岩泉線に並行する国道 340 号線は「酷道」と評されるほどの細くてカーブが多い道。押角峠は岩泉線のトンネルを拡幅する新しい道路用トンネルを建設中で、ダンプカーが多く走っており、すれ違いに苦労しました。

それにしても深い山中を走ります。私は岩泉線に乗ったことはありませんが、岩泉線はものすごいところを通っていたものだ、と驚きました。

峠を越えて岩手和井内駅まで来ると集落が現れました。まだ JR の駅名板が残ったままの駅舎、廃線跡を利用したレールバイクの基地になっているようです。
Q6027759.jpg

山田線と岩泉線の分岐駅だった茂市駅。山間の駅ながら分岐駅として構内は広く、長い跨線橋や木造の立派なホーム屋根を備えた駅らしい駅でした。
Q6027761.jpg

ここから山田線沿いに国道 106 号線を盛岡方面へと走ります。山田線の盛岡-宮古間も岩泉線と同じく深い山中を行く路線。昨年の台風被害で中間の上米内-川内間が現在も不通になっています。

宮古方からの仮の終点、川内駅に寄りました。
Q6027764.jpg

川内駅は周囲に数軒の家があるのみ。本来のダイヤなら快速リアス号も通過してしまう駅。しかし駅は 2 面 3 線のホームを備え、中間駅にしては立派です。

川内駅にも給水塔が残っていました。
Q6027766.jpg

山田線の閉塞方式は連査閉塞式という方式(Wikipedia 参照しました)で、信号や分岐器切り替えを人手で行っていることから、川内駅のような小駅にも駅員さんが常駐しています。そのためきちんと手入れされているのでしょう。駅舎のホーム側の各柱に花が飾られていました。

周りに大きな集落もない山間のこのような駅は無人駅であることが多いなか、駅舎に明かりが灯り、温かい気持ちになりました。なんだか駅が心の拠り所のように感じられた、そんな駅でした。

盛岡側の仮の終点、上米内駅です。(ここは龍泉洞へ行く前に寄りました。)
Q6027710.jpg

盛岡駅からわずか 3 つめの駅でありながら、すでに山の中という雰囲気です。
Q6027712.jpg

上米内駅から先、秘境駅の大志田駅と浅岸駅がありましたが廃止になり、次の区界駅まで営業キロで 25.7km と、とても長い駅間になりました。それほど人家が少なく山が深いということでしょうね。
Q6027715.jpg

あの懐かしいキハ 52 形が走っていた時代に山田線に 2 回乗ったことがありました。その当時は窓を開け風を受けながら、清流を眺め森の緑を楽しみました。今年の秋に不通になっている上米内-川内が復旧し、盛岡-宮古間を通して運転が再開されるようです。再び山田線に乗りに来たいと強く思いました。

この日は花巻市の大沢温泉に宿泊しました。
Q6037804.jpg

続きます。


★最近のはるちゃん★

いつもと同じ、べらんぽを楽しむ何気ないはるちゃん。
Q6188062.jpg
Q6248077.jpg

nice!(42)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

笹ヶ峰 夢見平 2017/5/20 [山歩き]

こんにちは。

新緑の妙高高原、笹ヶ峰。夢見平遊歩道を散策しました。
Q5207651.jpg

一周 2 時間の短いほうのコース、「うさぎコース」を巡りました。雪の上を歩く箇所も多くありました。
Q5207608.jpg

クロサンショウウオの卵だろうか。
Q5207610.jpg

里ではすでに 4 月上旬に見終えてしまった花々が再び見れました。
Q5207607.jpg
Q5207612.jpg

雪解け水がたくさん流れています。そこではミズバショウの花がたくさん咲いていました。
Q5207615.jpg

冷たくて気持ちよさそう。
Q5207619.jpg

遊歩道に沿ってミズバショウの群落が点在しています。
Q5207618.jpg

雪の重みで折れ曲がってしまった?
Q5207626.jpg

遊歩道最大の見どころ、夢見平です。
Q5207638.jpg

湿原一面、ミズバショウが咲くところですが、ちょっと早かったかも知れない。人工物は何も見えない自然の真っただ中、鳥のさえずりだけが聞こえました。

Ω字に湾曲した川の中にミズバショウがきれいに点在している光景も見れました。
Q5207642.jpg

夢見平遊歩道の入り口、笹ヶ峰ダムの堰堤から残雪の山々が眺められました。標高 2,400m の活火山、新潟焼山。昨年より噴煙が少なくなっているように思いました。
Q5207605.jpg

残雪と新緑の中、心地よい散策ができました。


★最近のはるちゃん★

ぐぐーんと伸びて何が見えるのかな?
Q6117873.jpg

お婆さんが花を摘んで来てくれたのが見えたのですね。
Q6117882.jpg

nice!(39)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

米山、尾神岳 2017/5/20 [山歩き]

こんにちは。

米山(標高 993m)に登りました。
Q5207596.jpg

下牧登山口です。今回は下牧登山道を単純往復しました。当日は暑くなる予報でしたので早朝 5:30 に出発。
Q5207576.jpg

はじめは杉林、しだいにブナ林の中を登って行きます。
Q5207531.jpg

山頂の米山薬師参拝のための登山道として、歴史が古い下牧登山道。随所で石仏と出会います。
Q5207574.jpg

石仏さんと一緒に休憩できました。
Q5207535.jpg

出会う石仏の中で、圧巻は整然と並んでいる三十三観音でしょうか。
Q5207539.jpg

『米山には数多くの石仏が点在する。この三十三観音は過去の書物を賢察するが定かな言われは不明である。』『なぜ、西国三十三観音なのか? 多分、四国の三十三観音を再現し、この場所を霊場として再現したものと推測できる。』(案内板より)

ブナの根元にかわいい石仏さんが佇んでいました。
Q5207549.jpg

2 時間 10 分ほどで、薬師堂と大きな休憩所がある米山山頂に着きました。
Q5207553.jpg

米山薬師について『越後の米山薬師は日本三大薬師の一つとして知られている。』『米山薬師は病気平癒だけでなく五穀豊穣を祈る神として各地で米山薬師講が栄えた(旧山開き前日 6 月 30 日は、下牧および水野宿から山頂まで祈願する人の提灯の明かりがつながったと言われた)』と案内板に書かれていました。

富士山に登山する人の明かりが列をなして見えるように、当時の下牧登山道もそのような光景だったのかも知れません。

遠くの雪山は霞み気味でしたが、日本海と高田平野の眺望を楽しめました。田植え直後の水田は大きな湖のよう。
Q5207562.jpg

下りは花々を見ながら・・・
Q5207564.jpg
Q5207567.jpg

登山口へ戻ってきてもまだ 9:30 でしたので、もう一つ、米山の南隣に位置する尾神岳(標高 757m)も登ってみたいと思います。
Q5207602.jpg

中腹にパラグライダー基地があるため、パラグライダー好きの人たちには知られた山だと思います。

登山開始点はそのパラグライダー離陸場から。すでに標高 650m ほどまでクルマで登って来れました。すごい高度感。
Q5207579.jpg

山頂まで往復 1 時間程度。案内板には遊歩道と書かれていました。登山というほどではないかも知れません。約 10 分程度の展望塔までは急で段差が大きい階段、その後は軽いアップダウンが続く道でした。

正直、面白くないかもと思っていましたが、途中からブナ林が広がり心地良く歩けました。
Q5207590.jpg

先ほど登った米山が見えました。この場所には古い祠が置かれており、尾神岳も信仰の山だったように思われました。
Q5207595.jpg

山頂はあまり展望は開けていません。傍らに地元の小学生が書いた絵馬が奉納されていました。
Q5207597.jpg

眼下に、昔ながらの民家と棚田が広がっていました。
Q5207598.jpg

米山には毎年ゴールデンウィーク頃登っていました。その頃は登山道の一部に残雪が残っていましたが、さすがに 5 月中旬すぎになると雪はまったくありませんでした。

米山、尾神岳とも空気が澄んでいれば妙高や火打、北アルプスなどの残雪の山々が見えるはずです。春の米山に登ったときはいつも霞み気味のため、今度は空気が澄む秋に登りたいと思います。

また、尾神岳のパラグライダー離陸場は日本海に沈む夕日が綺麗に見えそうな場所でした。天気が良い夕方に訪ねてみたいと思いました。


★最近のはるちゃん★

今週末もはるちゃんとまったり。
Q6107857.jpg

何だろう? この生き物は?
Q6107862.jpg

nice!(45)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー