So-net無料ブログ作成
検索選択

1泊2日プチ湯治・・・温泉津温泉+周遊、前編 [温泉旅行記 / 宿泊]

こんにちは。

はくたか → 夜行バス(金沢-京都) → さくらと乗り継いで朝の新山口駅に着きました。ここからクルマを使って山口県、島根県の温泉をはじめ、いくつかのスポットを巡ってみたいと思います。

まずは秋芳洞へ。
Q5016944.jpg

秋芳洞へ来たのは高校の修学旅行以来。もうどんな鍾乳洞か忘れていました。

神秘的な入り口。
Q5016946.jpg

有名な百枚皿ですね。
Q5016961.jpg

ここまで成長するのに気が遠くなるような時間がかかっているはず。
Q5016965.jpg

洞内は想像以上に広く、川がゆったりと流れていました。
Q5016956.jpg

洞内の温度は年間通じて 17℃ で一定。いちばん奥の黒谷支洞まで行って、長さ 1km、往復 1 時間程度で巡れました。実際の洞の総延長は 8.9km あるそうです。地下にこんな大きな空間があることに驚きでした。

石灰岩がにょきにょきと露出している秋吉台のカルスト台地を通って・・・

湯免温泉へ来ました。
Q5016982.jpg

弘法大師が見た夢のお告げによって発見されたため、ゆめ(湯免)温泉と呼ばれるようになったとのことです。

入浴したのは湯免観光ホテルさん併設の入浴施設「うさぎの湯」。ここはぜひとも来てみたかったところです。
Q5016983.jpg

足に怪我をしているうさぎが毎日同じ草むらから飛び出してくるので、調べてみると温泉が湧いていました。うさぎが傷を癒していたので湯兎と呼ぶようになったという説もあるようです。

水(お湯)が大嫌いなはずのうさぎでも入りたくなるような温泉、立ち寄り入浴施設のうさぎの湯は浴室の真ん中にひし形の 7〜8 人サイズほどの浴槽が一つのみのシンプルな構造。アルカリ性単純泉の無色透明な湯が滔々と注がれてかけ流しでした。ラジウム含有量が多く、女性の美肌効果にも人気があると書かれていました。

ふうっ、うさぎの気分でお湯を味わってみよう・・・私の場合、傷を癒すというより夜行バスで中途半端に凝った体を癒すことができたと思います。

入浴後、日本海沿いを東へどんどん移動していきます。当日は霞み気味でしたが、道の駅「萩・さんさん三見」で沖合の島々を眺めながらアジフライ定食をいただき・・・

山陰本線の名所で列車を見て・・・
Q5016998.jpg

狭い谷間にひしめくように旅館が建つ有福温泉へ来ました。
Q5017014.jpg

有福温泉は聖徳太子の時代に修行僧が見つけたという歴史古い温泉。旅館や民家を縫うように階段がつけられ、なんだか伊香保温泉に雰囲気が似ているように思いました。実際に「山陰の伊香保」とも言われるようです。
Q5017009.jpg

小さい温泉街に 3 軒の共同浴場があります。教会のような洋風建築の共同浴場、御前湯は有福温泉のランドマーク的存在。
Q5017006.jpg

私はいちばん奥にある小さな共同浴場、やよい湯で入浴しました。
Q5017005.jpg

中は狭く、浴室へ下る階段の途中が脱衣所でした。半地下のような浴室にあった浴槽は 2 人でいっぱいのサイズでした。湯口でわずかながら硫黄臭を感じる柔らかいアルカリ性単純泉のお湯は少し温めだったこともあり、体を優しく包み込んでくれるようでした。もちろんかけ流しでした。ここのお湯も良かったな。

この日の宿泊先は温泉津温泉です。
Q5017017.jpg

石見銀山で産出した銀を積みだした港、また北前船の寄港地として栄えたという温泉津温泉、狭い土地に廻船問屋、民家、お寺など古い建物が立ち並ぶ街並みは平成 16 年に重要伝統的建築群保存地区に選定され、これは温泉街としては初めてとのことです。

温泉津温泉も歴史が古く、大国主命が病気のうさぎをお湯に入れて救ったことから始まったという説もあるようです。

宿について、早速散歩。ところどころに現れる路地も雰囲気あります。
Q5017021.jpg

飲泉所。ボタンを押すと竜の口から温泉が出てきます。塩気が効いた鉄味。かなり鉄の味が濃いように感じました。
Q5027073.jpg

共同浴場、薬師湯に入浴。
Q5017019.jpg

薬師湯の源泉は明治 5 年の浜田大地震で湧出したというお湯。浴室は小判形の 4 人も入れば窮屈になる小さな浴槽。浴槽の湯が流れ出た洗い場は析出物で茶色くコーティングされています。鉄塩味のやや笹濁りのいかにも効きそうな湯が惜しみなくかけ流しされていました。すばらしいお湯ですが、混雑気味でしたし私は部外者なのでちょっと落ち着かない入浴でした。

なお、薬師湯のスタッフさんは入浴客に気さくに声をかけていました。私には・・・・
「お国はどちら?」
ん? どの県から来たか答えればよいのかな? 「新潟県です。」
「まあ、新潟? ずっと新潟? お国はどちら?」
・・・どうやらオレは日本人と思われていなかったようだった。(T_T)

薬師湯の 2 階にレトロな休憩スペースがあり、3 階が屋上でここにも休憩スペースがあります。特に屋上から見る景色は雰囲気ありました。

となりにある洋風建築の旧館(昼間はカフェになっています)のとんがり屋根は立派。
Q5017024.jpg

ところ狭しと建てられている家々の屋根が見渡せました。
Q5017027.jpg

宿泊はのがわや旅館さんです。通りに面している玄関から想像するよりも奥行きがあり、綺麗な和風庭園もありました。

夕食は嬉しい部屋食。海の町なので魚介類を使ったメニューが多くまた石見牛もいただきました。石見牛のメニューもそうでしたが一部フレンチ的(私個人的なイメージです)な創作系のメニューもあり、おいしかったです。ごちそうさまでした。アルコールは生ビールの後、おすすめの品と書かれていた地酒、幻の酒米「亀の尾」を地元で栽培して造ったという「亀五郎」をいただきました。甘口ということで飲みやすかったです。

のがわやさんのお風呂は白湯浴槽がメインで、隅に小さな温泉浴槽が設けられていました。温泉は薬師湯源泉でかけ流しですが、ちょろちょろとしか注がれていません。温泉津は湯量が少なく、旅館に配湯されるお湯は限られています。限りある貴重なお湯を皆で少しづつ分け合っている、そう話を聞くと注がれているお湯がなんともありがたく神々しく感じました。

翌朝も散歩しました。石州瓦の赤い屋根が美しいです。
Q5027071.jpg

温泉津の静かな入り江を眺めました。日本海の荒波が入らない入り江は天然の良港だったのでしょう。銀を積み出した沖泊という港はこの近くです。
Q5027057.jpg

恥ずかしながら 4 年ほど前に こんな記事 を書きました。記事中でうさぎに由来する温泉として湯免温泉と温泉津温泉を挙げていました。

いつか行ってみたいと思っていた 2 つの温泉をようやく訪ねることができました。今回の温泉で得たパワーをウチのうさぎのはるちゃんにも分けてあげたいです。


★昨日のはるちゃん★

天気がいまいち。外へ出してあげられませんが・・・
Q5137501.jpg

長座布団の上でまったりできました。
Q5137512.jpg

今朝は外でべらんぽしています。GW最後の日に牧草をくわえて騒ぎ出したはるちゃんですが、3 日ほどで治まりました。

nice!(49)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

最近のはるちゃん 2017/5/7 [うさぎのはるちゃん日記2016以降]

こんにちは。

何てことありませんが、ゴールデンウィークのはるちゃんの様子などいろいろと・・・
Q5077472.jpg

お婆さんからたんぽぽをもらいました。おいしいものを食べられてよかったね。
Q5037191.jpg

いちごがおいしい季節です。これはケージに戻りたがらないはるちゃんを誘い込むための罠。
Q5067413.jpg

パソコン台に登る癖ができてしまったのは困りもの。高い柵に交換しなくては。
Q5037187.jpg

まったり過ごしていたはるちゃんですが、今朝になって急に牧草をくわえ始めました。始まっちまったか・・・
Q5077422.jpg

こんなときは拡張へやんぽで気を紛らわしてあげるのがいちばん。しばらくすると我に返ったようです。
Q5077438.jpg

その後はミニ野原で遊んだり・・・
Q5077454.jpg

わらボールで遊んだり・・・
Q5077458.jpg

このまま偽妊娠?を忘れてくれたらいいのですが・・・明日はどうなることやら。

庭の花々です。
Q5077424.jpg
Q5077425.jpg
Q5077430.jpg
Q5077432.jpg

はるちゃんのために、今年もセロリの苗を植えてみました。
Q5077423.jpg

また、パクチーの種を撒きました。うまく育ってはるちゃんに食べてもらいたいね。
Q5077461.jpg

連休中は出勤したり、合間に旅行へでかけたり、はるちゃんと遊んだり結構忙しかった。連休最後の今日はクルマで 1 時間の手頃な距離、野沢温泉へプチ湯治にでかけてきました。
Q5077493.jpg

すでにお風呂はすいていて貸切状態になった時もありました。あまり強くはありませんが硫黄の香り漂うかけ流し温泉でリラックスできました。

途中で通った飯山の菜の花畑。
Q5077486.jpg

菜の花祭りが終わったとはいえ、まだ一面黄色い絨毯でした。

nice!(48)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

春の山形鉄道沿線を訪ねました [旅行いろいろ]

こんにちは。

山形鉄道フラワー長井線沿線は、桜の巨木、古木が点在する置賜さくら回廊と呼ばれる桜の名所になっています。桜などの花々を見ることを楽しみに、春のフラワー長井線沿線を訪ねました。
Q4226737.jpg

まずは梨郷駅からスタート。ログハウスの駅舎も桜もコンパクトなサイズ。
Q4226728.jpg

西大塚駅。駅舎は大正時代の開業当時から建物で、登録有形文化財になっています。
Q4226748.jpg

置賜さくら回廊を代表する名木、樹齢 1,200 年と言われているエドヒガンザクラ、伊佐沢の久保ザクラ。まだ咲きはじめたばかりでした。
Q4226750.jpg

あやめ公園横の野川堤防の桜。桜と列車を良い構図で撮れる桜の枝があったそうですが、雪で折れてしまったと、通りがかりの人が話してくれました。
Q4226763.jpg

羽前成田駅の桜。
Q4226757.jpg

羽前成田の駅舎も開業当時からの建物で、登録有形文化財になっています。
Q4226758.jpg

この後、草岡の大明神ザクラ、釜の越サクラ、さらに帰り道で、十二の桜、薬師桜などを見に行きましたが、伊佐沢の久保ザクラ同様、まだ咲き始めの状態でした。

旅の修験者がこの地で見つけた砂金の薬師如来を葉山に祀るとき、うさぎが道案内をしたことから名付けられた地名、白兎地区の葉山神社。狛兎が鎮座しています。
Q4226774.jpg

境内横にシダレザクラがありました。樹齢 150 年の白兎のシダレザクラです。
Q4226770.jpg

白兎駅の桜。
Q4226785.jpg

白兎駅近くの集落内で見つけた桜。うさぎの像が置かれていました。探すともっといろいろなうさぎに出会えそうなところ。
Q4226794.jpg

うさぎが道案内したという葉山。あの残雪の林でうさぎがたくさん遊んでいるのかな?
Q4226801.jpg

蚕桑駅の桜。
Q4226796.jpg

防雪林が立派です。
Q4226813.jpg

明治時代に植樹されたという、小学校跡地にある山口奨学桜。
Q4226863.jpg

のどかな風景。
Q4226862.jpg

最上川に鯉のぼりが泳いでいた、道の駅白鷹ヤナ公園に立ち寄り。売店で鮎の塩焼きと鮎入りおにぎりをいただきました。
Q4226826.jpg

荒砥駅でクルマを置き、フラワー長井線に乗車しました。
Q4226828.jpg

当日出会った列車はほとんど 2 両編成で、どの列車も団体さんが乗っていたように思えました。案の定荒砥駅でも団体さんが大勢待ち合わせ。席に座るのはあきらめて、運転手さんの邪魔にならないよう気をつけながら先頭の景色を見ていくことにしました。

明治 20 年に架設された東海道線木曽川橋梁を転用し、今なお現役で使われている最上川橋梁。土木遺産や近代化産業遺産に認定されています。
Q4226832.jpg

水仙が美しいです。鮎貝駅付近で。
Q4226836.jpg

沿線の桜をたくさん見れました。
Q4226840.jpg

荒砥駅から乗車した団体さんは長井駅で下車。そして長井駅で別の団体さんが乗ってきて車内は終始混雑でした。

団体さんと一緒に宮内駅で下車。
Q4226845.jpg

宮内駅で下車したのはもちろんうさぎさんに会うことです。以前 3 羽のうさぎがいましたが昨年末に駅員のてん君が亡くなり、さらに先日、駅員のぴーたー君も旅立ってしまいました。

今は駅長のもっちいさん一人になってしまいました。
Q4226856.jpg

寂しそうにしているかも知れないと心配していましたが、牧草をもりもり食べていて元気そうでした。てん君、ぴーたー君の分まで元気に長生きして欲しいです。

別れ際、もっちい駅長に「元気でな、また会いに来るからね」と声をかけてから、再び列車に乗って荒砥駅へ戻りました。
Q4226858.jpg

帰りの列車も宮内駅から長井駅まで団体さんが乗車しました。行き帰りとも車内は混雑していましたが、団体さんへのガイドとして同乗した山形鉄道の職員さんがメガホンで観光案内をしていましたので、私もその楽しいお話を聞くことができたのはラッキーでした。

白兎駅付近では、葉山のうさぎ伝説のお話があり、地区の人たちはうさぎを大切にしていることや、今泉駅付近では JR 米坂線と線路を共有している区間があるなど、鉄道ファンにも楽しい話がありました。新しく知ったこととして、宮内駅の隣のおりはた駅は「機織り」に由来する地名で、民話「鶴の恩返し」の伝説が伝わる地とのことです。資料館や民話ゆかりのお寺があるようですので、今度訪ねてみたいと思いました。

置賜さくら回廊の名木の桜はいずれも咲き始めでしたが、名木でなくても駅の桜が見れたり列車で楽しい話を聞けたり、春のフラワー長井線沿線を巡った旅は充実した一日になったと思います。

今頃はきっと桜が満開になっていることと思います。他の予定があって無理だけど、今週もう一度行きたかったな・・・また来年の楽しみにしよう。


★昨日のはるちゃん★

ミニ野原のクローバーが再び食べごろになりました。
Q4296889.jpg
Q4296895.jpg

nice!(50)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

角田山へ行ってきました 2017/4/1 [山歩き]

こんにちは。

今年最初の山歩きは角田山へ行ってきました。
Q4016535.jpg

登りは非公式のルートを使いました。
Q4016485.jpg

植生保護のため、道の両側に張られたロープをはみ出さないように注意が必要です。

冬枯れの中なのですっきりとした道。夏場は藪になってしまうのかな?
Q4016504.jpg

角田山山頂を一旦通り越して稲島コースへ少し下ったところにある観音堂で休憩。
Q4016507.jpg

次第に晴れる予報とのことでしたが、なかなか雲が取れず寒かった。晴れていれば新潟平野の向こうに飯豊連峰が見えるのではないかと思います。

帰りは灯台コースを下りました。
Q4016525.jpg

崖の下に日本海、遠くに佐渡を見ながらの絶景コース。
Q4016519.jpg

終点の角田岬灯台。そのまま海へ突入するようにして登山道は終わりです。
Q4016532.jpg

波打ち際を歩いて帰宅。夏なら登山終了後にそのまま海水浴ができるかも。
Q4016541.jpg

ちょうど雪割草やカタクリの季節でした。出会った花々を少しだけ。
Q4016477.jpg
Q4016478.jpg
Q4016488.jpg
Q4016500.jpg
Q4016497.jpg

このあたりは斜面の奥までいちめんカタクリが咲いていました。
Q4016510.jpg

当日はあいにく寒い日ではありましたが、雪割草などの花々の時季であることから、たくさんの人たちが登っていて一部登山道の渋滞もありました。可憐な花々を見ることができる往復 3 時間程度のきつくない山歩き。毎年最初の山歩きは角田山でいいな、と思いました。


★今朝のはるちゃん★

今朝は寒かったので「おんも」に出ず、部屋の中で遊びました。黄色の花をつけたヤマブキを見て欲しかったな。
Q4236869.jpg

桜が終わったあとはハナモモの濃い赤が目をひきますね。
Q4236877.jpg

nice!(47)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中央西線、城北線、高山本線に乗って一周 [鉄道関係]

こんにちは。

高山本線、特急「(ワイドビュー)ひだ」に乗ってワイドな窓から景色を見たくなったので、日帰り乗り鉄旅に出かけました。

えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインの地元の駅から出発。妙高高原駅でしなの鉄道北しなの線へ乗り継ぎ。
Q3196334.jpg

長野駅で特急(ワイドビュー)しなの 4 号へ乗り継ぎ。
Q3196335.jpg

特急しなの号は木曽路の深い山中を、木曽川や中山道の古い宿場町を眺めながらの楽しい行程です。

中津川駅で快速名古屋行きに乗り換え、勝川駅で下車しました。
Q3196339.jpg

ちょっと寄り道。東海交通事業城北線に乗りました。
Q3196342.jpg

都会の中の複線の線路を単行気動車がゆく、なんだかアンマッチな路線。
Q3196350.jpg

非電化なので、空が広く感じました。
Q3196354.jpg

終点枇杷島駅で東海道本線に乗り換えてひと駅、特急ひだ号の始発駅名古屋駅に着きました。自宅への土産に「ゆかり」と「赤福」を買って、特急(ワイドビュー)ひだ 11 号に乗車。
Q3196359.jpg

リッチにグリーン車にしました。
Q3196361.jpg

グリーン車は一列席の C 席にしました。JR 東日本のえきねっとで予約しましたが、シートマップで席を選ぶことができず A〜C 席のみの選択でした。ワイドな窓になる偶数番の座席にしたいため、地元の駅の窓口へ行って偶数番で発券して欲しいと頼んだところ、一度発券してみないと席番は分からないとのことでした。発券してみたら案の定奇数番でしたので、偶数番で作りなおしてもらいました。

なお、前方景色が見える運転席すぐ後ろの 1 番も魅力的なのですが、1 番は一度体験すれば十分で、それより車窓の川や山がよく見える通常の横窓のほうが良いなと思って大きな窓を独占できる偶数番 C 席にしました。

名古屋駅で買った駅弁をいただきながら特急ひだ号の車窓を楽しみました。1 列席なので、隣を気にせず、でっかい弁当をほおばりながら。
Q3196363.jpg

高山本線は渓谷や山中の集落の景色が魅力です。木曽川の日本ライン、飛騨川の飛水峡や中山七里では観光案内放送が流れますが、それ以外でも川沿いの景色は美しいです。
Q3196371.jpg

一大温泉地、下呂温泉は旅館が林立しています。
Q3196380.jpg

飛騨川の谷が次第に狭くなり、久々野駅-飛騨一ノ宮駅間の宮トンネルが分水嶺、トンネルを出ると川は日本海方向への流れになり、高山駅に到着。
Q3196385.jpg

8 両編成だったひだ号は高山駅からグリーン車 1 両含む 3 両の身軽な編成になります。

飛騨古川駅を出ると、今度は宮川の渓谷沿いを下っていきます。高山駅までと比べ、スピードは落ちました。乗車したのは 3 月でしたので、ところどころ雪が残っていました。
Q3196392.jpg

JR 東海と JR 西日本の境界駅、猪谷駅へ近づくにつれ、次第に秘境っぽい景色になりました。
Q3196400.jpg

猪谷駅で乗務員が交代、越中八尾付近から富山平野になり、終点富山駅の行き止まり式ホームに到着しました。
Q3196402.jpg

中央西線しなの号と高山本線ひだ号に乗車して一周する行程は今まで何回も乗車しました。しかし個人的にいつも起きる悩みが一つ、最後に頭痛になることです。きっと車窓の見過ぎだと思います。大きな窓のスピードの速い特急から、駅構内や線路脇の建物や木々の様子など近くの景色を見るため、脳みその画像処理が追いつかないからかも知れません。新幹線のようにもっと高速になると視点がおのずと遠くになるので問題ないのですが・・・。家へ帰ってバファリンのお世話になりました。

とはいえ、楽な日帰りで楽しめる絶景の鉄道旅、またしばらくすると同じようなコースで乗り鉄したくなると思っています。


★今朝のはるちゃん★

暑くなりそうな予感。「べらんぽ」の出入り口にすだれを付けて夏仕様にしました。
Q4166724.jpg

桜吹雪をしてみましたが、花びらを振り落して、はるちゃんにとってちょっと迷惑だったかな?
Q4166698.jpg

名所でも、名所でなくても、桜は美しいですね。
Q4156681.jpg
Q4096653.jpg

nice!(47)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行