So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

戸隠、ミズバショウ、カタクリ [身近な風景]

こんにちは。

以前から母親がミズバショウを見に行きたいと言っていました。ちょうど母の日に両親連れて戸隠へミズバショウを見に行きました。
Q5126813.jpg

ここは、あるお宿の敷地内。入場料を払ってミズバショウを見させてもらいました。
Q5126779.jpg

静寂のなか、湿地を流れる水が「ちゃぼちゃぼ・・・」と優しい音を奏でていました。
Q5126812.jpg

ミズバショウとともに咲く、リュウキンカの黄色い色が鮮やかです。
Q5126774.jpg

周りは誰もいません。いいですね、この静かな雰囲気。
Q5126816.jpg

散歩道から、戸隠のゴツゴツした岩山が望めました。
Q5126783.jpg

近くのお寺の境内でカタクリの花が満開だと教えてもらいました。

訪ねてみると、これはすごい! 一面、カタクリの絨毯でした。
Q5126790.jpg

とても見ごたえがありました。里のカタクリを見逃していたので、ようやくカタクリに巡り合えてよかったです。
Q5126795.jpg

その他、散歩の途中で見かけた花々。
Q5126782.jpg
Q5126787.jpg
Q5126786.jpg

ミズバショウの場所もカタクリの場所も初めて訪ねましたが、母親はまた来年も来たいと言っていました。私自身も良いところを知ることができました。

戸隠といえば、お蕎麦でしょうか。宝光社近くのお蕎麦屋さんで昼食にしました。冷たいお蕎麦が恋しい季節になりましたね。
IMG_0156.jpg

鏡池に立ち寄りました。
Q5126820.jpg

山々にうっすら霧がかかり、また水面が水鏡になっていれば、とても神秘的な風景が見られそう。そのような時にぜひ訪ねてみたいものです。

当日は日曜日。早めに帰宅し昼寝する時間を確保したいです。その前に妙高高原の温泉で立ち寄り入浴。

赤倉温泉街を走っていたら、外来入浴可の看板が出ていた、お宿ふるやさんにお邪魔しました。(入浴料 500円/人)

お風呂は最上階にありますが、加水加温なしの源泉 100% かけ流しです。窓から高原らしい風景と・・・
Q5126829.jpg

小さな露天風呂からは妙高山が眺められました。
Q5126828.jpg

スキー場のイメージが強い赤倉温泉、温泉自体は江戸時代後期に高田藩によって南地獄谷から引き湯して開発された、日本唯一の藩営温泉だったとのこと。現在は北地獄谷から引き湯され、温泉街へ到達する頃にちょうど入浴に適した温度になるそうです。少し硫黄臭を感じることができ、引き湯で揉まれるためでしょうか、とても柔らかいお湯に感じました。


★最近のはるちゃん★

摘みたてたんぽぽをプレゼント。
Q5196856.jpg
Q5186847.jpg
Q5196861.jpg

長い葉が一定リズムではるちゃんの口に吸い込まれていく様子は見事です。

nice!(45)  コメント(15) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

乗り鉄旅行・・・磐越西線、米坂線など [鉄道関係]

こんにちは。

ゴールデンウィークに日帰りで乗り鉄旅へ出かけました。
Q5046585.jpg

早朝、新潟までクルマで移動し、新潟駅発着でぐるっと一周しました。

◆ 新潟 5:17 → 新津 5:36 : 普通列車長岡行き

信越本線の朝いちばんの列車で出発。3 年連続でゴールデンウィークにこの列車に乗っていますが、早朝なのにいつも若い人で満員なのです。よくよく考えたら前日は成人式(新潟県は私の地元含め、ゴールデンウィークに成人式を行う自治体が多いです)だったので、オールナイトで飲んでいたのでしょう。
 
◆ 新津 6:00 → 会津若松 8:49 : 普通列車会津若松行き

2 両編成の後ろの車両は冒頭の写真のように懐かしいタラコ色気動車だったので、この車両に乗車。
 
車内はすいていました。福島県の山都駅まで反対側のボックスシートに誰も来ず、阿賀野川の流れに応じて席を左右に移動できました。

津川付近は朝霧で曇っていましたが・・・
Q5046584.jpg
 
新潟福島県境に近づくと晴れてきて、阿賀野川のゆったりした流れ、新緑の里山風景、残雪で真っ白な飯豊連峰などの眺めを楽しめました。
Q5046596.jpg
Q5046610.jpg

◆ 会津若松 9:09 → 磐梯熱海 9:56 : 快速列車郡山行き
Q5046633.jpg

源泉かけ流しの駅近温泉がある、磐梯熱海駅で途中下車しました。
Q5046638.jpg

駅横の狭い路地を入ったところ、共同場「霊泉」元湯にお邪魔しました。
Q5046636.jpg

メイン浴槽は 30 度ほどのぬる湯、奥に小さいあつ湯がありました。ぬる湯といってもこの時季は冷たく感じます。一方のあつ湯は 43 度くらいで本当に熱め。あつ湯でガツンと温まったあと、ぬる湯で冷やす温冷交互浴が楽しめました。ただ私はかなり心臓に負担かかっていそうなので、あまりこの入浴法は好きではありません。真夏だったらぬる湯がとても気持ちよさそう。夏に訪ねてみたい湯でした。

さっぱりしたところで乗り鉄旅を継続。

◆ 磐梯熱海 10:51 → 郡山 11:11 : 普通列車郡山行き
Q5046639.jpg

郡山で自宅へのお土産に定番の薄皮饅頭と檸檬を購入しました。

◆ 郡山 11:39 → 福島 12:27 : 普通列車福島行き

右側窓側に座りましたが、左窓に残雪の安達太良山や吾妻小富士などの山々が眺められました。左側に座ればよかったかな。

◆ 福島 12:51 → 米沢 13:38 : 普通列車米沢行き
Q5046641.jpg

発車まで 30 分近くあるのにすでに席はかなり埋まっていました。なんとか右側窓側の席を確保することができてほっとしました。

福島-米沢間は板谷峠越えの難所。最大 38 パーミルの急勾配があります。電車のモーターも一際大きくうなっているように思えました。

山深い区間ですので車窓の新緑が美しかったです。
Q5046644.jpg

かつて 4 連続スイッチバックだった駅の遺構も見どころ。武骨な雪覆いが格好いいです。
Q5046646.jpg

峠駅では短い停車時間で乗客が急いで駆け降りて峠の力餅を買っていました。そうか、峠の力餅は完全ノーマークだった。お土産にしたかったな。また別の機会に買いに来よう。

◆ 米沢 13:40 → 赤湯 13:56 : 普通列車山形行き
Q5046648.jpg

赤湯駅で下車後、タクシーで熊野大社を訪ねました。
Q5046665.jpg

本殿裏の彫刻には三羽のうさぎが彫られているそうです。三羽すべて見つけると願いが叶うとのこと。しかし三羽目を人から聞いたりすると御利益がなくなるそうです。
Q5046654.jpg

ここに二羽のうさぎがいます。
Q5046656.jpg

あと一羽が分からない。ヒントは「波にうさぎ」と「透かし彫り」だと以前訪ねたときにガイドさんから聞きました。おそらく三羽目は僧侶が見える場所の反対側だと思っているのですが自信はありません。

今回、うさぎのかわいい陶器に入ったおみくじは売り切れてしまっていたようでした。

熊野大社の門前町の商店街は、以前「おごやい うさぎ商店街」という幟が掲げられていました。今回は幟が無かったです。やめてしまったのかな。

山形鉄道フラワー長井線の宮内駅まで歩いて来ました。
Q5046686.jpg

熊野大社の三羽のうさぎにちなみ、以前は三羽いたうさぎさん、今は駅長の「もっちい」さんがいます。変わらず元気そうで安心しました。もうすぐ 9 歳になるそうですが、これからも元気で過ごしてほしいです。
Q5046679.jpg

◆ 宮内 15:18 → 赤湯 15:23 : フラワー長井線普通列車赤湯行き
Q5046689.jpg

◆ 赤湯 15:27 → 米沢 15:39 : つばさ 146 号

次に乗る米坂線の列車で確実に席を確保したいので、つばさ号でワープしました。米沢駅はおいしそうな駅弁が並んでいました。
Q5046691.jpg

せっかくなので夕食用に「牛肉どまん中」を購入しました(家帰ってからビールと一緒にいただきました)。あとで調べると購入したノーマルタイプ(醤油だれ?)の他、塩だれや味噌だれのお弁当もあるようです。今度は別の味を食べてみたいな。

◆ 米沢 16:16 → 坂町 18:29 : 普通列車坂町行き
Q5046690.jpg

ちょうど西日がまぶしい時間。キハ 110 型だったらカーテン閉めないと眩しかったところ、新型気動車は熱線吸収ガラスなのでまぶしさをあまり感じず、緑色にフィルターかかって見えるとはいえ、車窓が見れたのは良かったな。

今泉駅を出て、いったん合流したフラワー長井線が分岐していきます。背後の山はうさぎ伝説がある葉山。うさぎにまつわる名所が多いフラワー長井線沿線を、またじっくり訪ねてみたいです。
Q5046699.jpg

右側の窓側に座っていましたが、伊佐領-羽前松岡間で、進行方向前方に残雪で真っ白な飯豊連峰が見えました。

小国駅です。対向列車行き違いで 20 分ほど停車。
Q5046720.jpg

この先、荒川峡の渓谷を眺めながら新潟県へ戻ると、終点坂町駅に着きました。

ちょうど太陽が沈んでいきました。海沿いだったらきっと素晴らしい日没が見れたことでしょう。
Q5046738.jpg

◆ 坂町 19:04 → 新潟 20:17 : 普通列車吉田行き

出発地の新潟駅へ帰ってきました。

今年のゴールデンウィークは本来 10 連休でしたが、半分の日数が仕事、それ以外でもはるちゃんの通院があったりして、出かける計画が立てられませんでした。そんな中、急に思い立って日帰り鉄道旅行に出かけました。当日は天気がよく、車窓から残雪の山々、桜や新緑が眺められ、短時間ながらもよい鉄道旅ができました。仕事のことなど忘れ、流れゆく景色をぼーっと眺めているだけで楽しいものでした。


★最近のはるちゃん★

はるちゃんは外のウッドデッキへ出たがらなくなってしまったな。元気に遊んでいるから別にいいのだけれど、ちょっと寂しいな。
Q5036553.jpg

高田市街地でクマが出たという話もあったし・・・当面は家の中が安全かも。
Q5126834.jpg

nice!(48)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

身近な風景、平成 31 年 4 月 [身近な風景]

こんにちは。

桜が満開だった 4 月中旬、上越妙高駅周辺を散策しました。
Q4136448.jpg

当日は快晴。妙高山、火打山がよく見えました。
Q4136419.jpg

ほくほく線の車両が乗り入れています。越後湯沢-直江津間は「超快速スノーラビット」だった新井行きの列車です。
Q4136428.jpg

日本海ひすいラインの気動車が乗り入れています。泊発新井行きという面白い列車。ズドドドドとエンジン音を響かせて加速していく様子は電車に無い迫力がありました。
Q4136454.jpg

この区間は明治 19 年に開通した古い路線です。写真の矢代川橋梁の橋台や橋脚は石積みで重厚感があり、開通当時から使われているのかも知れません。走っていく車両は時代とともに変化してきましたが、これからも変わらず列車を支えてくれることでしょう。

堤防に沿って桜並木がありました。
Q4136436.jpg

桜が咲く春は本当に素晴らしい季節ですね。
Q4136442.jpg

妙高山の雪形「はね馬」はまだ微妙でした。
Q4136406.jpg

走っていく列車は週ごとに列車名と行先が変わります。この日は新潟行きの「柳都 Shu*Kura」だったと思います。これから車内で日本酒を楽しみながら旅行をするのですね。いいな。

北陸新幹線が開業する半年前に、新幹線駅に在来線駅が横付けするよう、当時の信越本線が付け替えられました。真っ直ぐだった線路がこの場所で曲げられました。
Q4136399.jpg

旧脇野田駅は路盤含めすでに跡形がありません。この辺りは路盤はまだそのまま残っています。
Q4136393.jpg

高崎起点の距離標も残っています。
Q4136391.jpg

昭和初期まで東京-新潟を結ぶメインルート、その後、東京-北陸を結ぶルートの一つとして路線は続いてきました。そんな歴史を重ねてきた線路跡、このまま残っていて欲しいです。

木造橋があります。
Q4136472.jpg

近くの中学校の通学路になっている現役の橋です。よく見ると木材の組み方が格好いいです。拝み勾配がついているのも何だか素敵です。
Q4136462.jpg

歩くとコンクリート橋にない木の柔らかさを感じました。このような木造橋はほとんど見られなくなりました。豪雪地帯ではなおさらだと思います。この橋もいつまでも残っていて欲しいです。

木造橋の隣に、稲荷中江用水という用水路が流れています。サイフォン式の導水路で川の下を横断しています。
Q4136488.jpg

高田平野西部を潤すこの用水は以前からあった用水の水不足を補うため、江戸時代後期 1812 年に開通しました。現在は宅地化で水田が少なくなったのでしょうか、用水幅が狭くなり水量も少なくなりました。昔は轟々と水が流れ、サイフォンに渦を巻きながら吸い込まれていく様子は怖いくらいでした。

小学生の頃、遠足で用水に沿って歩き、取水口を訪ねたことがありました。現在、用水はどのように流れているのか、取水口から末端までいつかたどってみたくなりました。

その他、近所で見つけた山野草。イカリソウさんに・・・
Q4146524.jpg

ヒトリシズカさんでしょうか。
Q4206541.jpg

私のプロフィール画像はこの桜の写真を使っています。
Q4136511.jpg

夜はライトアップされていました。
Q4136517.jpg

おそらく樹齢 50 年くらいでしょうか。まだとても古木の風格はないかも知れませんが、大きく成長しました。近い年齢の私はいろいろな意味でこの桜のように大きくなれず、いつも下から見上げるばかりです。


★最近のはるちゃん★

平成最後に撮ったはるちゃん。
Q4296550.jpg

今朝のはるちゃん。
Q5036557.jpg

改元の瞬間は自宅で静かに迎えました。新しい時代をはるちゃんも一緒に迎えられたことは、とても喜ばしく思っています。
Q5036563.jpg

はるちゃんは平成と令和、2 つの時代を生きるうさぎになりました。

nice!(47)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ある日の通院 [うさぎのはるちゃん日記2016以降]

こんにちは。

うさぎのはるちゃん、3 月の通院でエコー検査を行った結果、腫瘍が消えていた付近に小さいながら黒い影が映っていたため、改めて CT 検査を行うことになり、2 週連続で通院になりました。
Q3306326.jpg

もしかしてがんの再発? もしそうだとしたら今までの分子標的薬ではなく、副作用が強い本当の抗がん剤を与えることになってしまうかも知れず、そうなると投与や検査のため毎週通院しなければならない・・・

副作用に加え、ただでさえガタガタ震えて大きなストレスになっている通院で、さらに大きな負担をかけることになってしまう。通院のストレスをなんとか軽減できないか、次週の通院で試してみることにしました。

これから病院へ出発するはるちゃん。今は元気です。
Q3236292.jpg

今までは自宅でキャリーバッグに移動してもらい、終始キャリーバッグで通院していました。新潟市の病院へ行くのに上越 IC 〜 新潟西 IC を北陸道で行きますが、できるだけ早く行って帰って来れるよう、ノンストップで走る場合が多かったのです。しかしガタガタ震えるのはキャリーバッグに入れられることで病院へ連れていかれる恐怖の他、クルマで長時間揺すられる恐怖、言わばクルマ酔いの可能性もあるのではないかと思いました。

そこで、環境を自宅と変えないよう、ケージごとクルマに持ち込み、キャリーバックに移動してもらうのは病院へ着いてから、また、今までと逆に行き帰りに時間をかけることにし、スピードを控えめ、休憩回数を多くとることにしました。

上越 IC から高速に乗り、90km/h で走行。まず米山 SA で休憩。しかしはるちゃんの様子を見ると早くもガタガタ震えていました。
Q3236295.jpg

さっそく乾燥りんごのおやつを・・・食欲がなくてもフルーツは食べます。10 分ほど休憩するとほぼ震えが止まり、落ち着きを取り戻したようです。
Q3236296.jpg

普段は米山 SA で休憩しないため、この機会に柏崎のご当地グルメ、サバサンドを買いました。レモンと塩コショウをたっぷり振りかけた鯖、玉ねぎのサクサクと相まっておいしかった。サバサンドはトルコ料理が参考になっているとのこと。知らなかった。
Q3236297.jpg

最初の休憩でゆっくりしすぎていたら時間がなくなってきて、ここからはいつも通りの 100km/h のスピードで走ることになってしまいました。はるちゃんの横に母親に座ってもらい、様子を確認してもらいながら運転。

栄 PA で 2 回目の休憩。
Q3236299.jpg

そして黒埼 PA で 3 回目の休憩をし、はるちゃんを落ち着かせてから病院へ向かいました。
Q3236301.jpg

病院でキャリーバッグに移ってもらいます。怖いだろうけどがんばって!
Q3236303.jpg

クーラーボックスに野菜を入れて持ってきています。
Q3236300.jpg

病院が終わりケージに戻ったとき安心したと思います。野菜を食べ始めました。しばらく落ち着かせてから出発。
Q3236307.jpg

帰り道はまず黒埼 PA で昼食休憩にしました。私は鶏のから揚げ定食をいただきました。高速道路では定番のメニューだと思いますが、ここのから揚げ定食、揚げたてでアツアツのサクサク、とてもおいしかったです。
20190414-1.jpg

大盛りにするとから揚げが 8 個ついてくるようです。別の機会にチャレンジしてみたいかも。

新潟平野を走っていると、冬は白鳥の群れが田んぼで餌を探している様子を見かけます。瓢湖から飛んできているのかな? 当日は 3 月下旬、すでに白鳥は北へ帰ってしまったのか、姿は見られませんでした。
Q3236310.jpg

帰りは時間に制約ないため、90km/h で走行。大積 PA で 2 回目の休憩。震えてはいましたが 10 分ほどで落ち着いたようです。
Q3236313.jpg

そして米山 SA で最後の休憩。米山 SA からの日本海、弥彦山と角田山が見えました。行ってきた新潟市は、あの山のさらに向こう側。
Q3236315.jpg

海の景色をはるちゃんに見せてあげればよかったかな。

以上のように通院してきましたが、まずクルマの速度は 10km/h 程度の差なら、はるちゃんの様子はあまり変わらないように思いました。それより頻繁に休憩したほうがあきらかにダメージが少ないようでした。長くても 30 分走ったら休憩すべきと思いました。またケージのまま持ち込んだことに関して、寝そべったり、トイレの上に乗ったり、いろいろ動けるのが良かったようです。キャリーバッグに入れられることによって病院へ連れていかれるという恐怖はきっと軽減されていたのではないかと思います。

広いケージで自由に動けるため、急ハンドル、急ブレーキをしないよう今まで以上に慎重に運転しなければならないのは言うまでもありません。

当面は今回と同じスタイルで通院してみようと思います。

さて、昨日のはるちゃんです。
Q4136383.jpg

元気に過ごしています。
Q4136386.jpg

先日の CT 検査の結果については、特に異常は確認できず寛解状態が続いているという判断になり、正直ほっとしました。通院も従来通り約 1ヶ月に 1 回で済みます。はるちゃんに新たな負担を負わせることなく本当に良かったです。

この後、私自身も緊張から解放されたためですかね、片頭痛で 2 日ほど寝込みました。


★おまけ★

4 月に入ったのに雪が積もった、なんて日がありましたが・・・
Q4036360.jpg

今、桜が満開になっています。
Q4136508.jpg

ここ数年、近所にうぐいすがやってくるようになりました。うぐいすの鳴き声が聞こえる朝は清々しい気分になれますね。

nice!(48)  コメント(16) 
共通テーマ:ペット

早春の上高地 [山歩き]

こんにちは。

3 月上旬、上高地を訪ねました。
Q3026131.jpg

今年はここも雪が少ないそうで、積雪は 50cm 程度でした。私は長靴で訪ねました。雪はしまりスノーシューなども必要とせず、普通の感覚で雪道を歩くことができました。また当日は快晴で暖かく、すばらしい景色を見ることができ、訪ねて本当に良かった一日でした。

出発は平湯温泉。バックに見える笠ヶ岳が何だかマッターホルン(行ったことないけど)みたい。
Q3026068.jpg

国道 158 号線が梓川をヘアピンカーブで渡るところに上高地の入り口があります。
Q3026152.jpg

普段はクルマで難なく通過する区間。しかし渓流は 10m ほどの幅しかない深く急峻な谷、また周辺は温泉地帯でもあり、よくよく見るとすごいところに入り口があるものです。

上高地への車道は冬季閉鎖中。ここから歩いていきます。
Q3026072.jpg

最初にくぐる釜トンネル内は急坂で 11% の勾配。壁面の非常口の案内表示と比べるとその急勾配の様子がよく分かりますね。
Q3026073.jpg

2 本のトンネルを抜けると大正池に出ました。水鏡に映った穂高や焼岳が出迎えてくれました!
Q3026083.jpg
Q3026096.jpg

大正池から先、すばらしい景色を眺めながら遊歩道を歩けました。
Q3026087.jpg
Q3026095.jpg
Q3026100.jpg
Q3026103.jpg

田代池に立ち寄り。透き通った水がとても清らかです。
Q3026104.jpg

梓川に沿って歩きます。
Q3026127.jpg

梓川は南西方向へ流れていますが、流れはやがて東 → 北へ向きを変えます。松本を通り犀川となり、長野で千曲川に合流、やがて信濃川へと名前を変え、十日町、長岡を通り、米どころの大地を潤し、寺泊あるいは新潟市で日本海へ注ぐことになります。
Q3026118.jpg

途中、ダムでせき止められたり用水で取水されたりは無しと考え、ここから小船に乗って新潟の日本海まで川下りの旅をしたら、どんなふうに景色が移り変わって行くのが見れるだろうか・・・そんなことを想像しながら歩いていました。

野生動物はお猿さんに出会えました。
Q3026129.jpg

目的地の河童橋に着きました。夏シーズンの混雑はなく、のんびりした雰囲気。
Q3026148.jpg

そして河童橋からの景色・・・
Q3026134.jpg

山々は気高く・・・
Q3026149.jpg

桃源郷を歩いているように感じました。


★最近のはるちゃん★

この 2 週間のあいだで寒の戻りがあり、雪が降った日がありましたが・・・
Q3216289.jpg

花々は次々と咲いています。
Q3306342.jpg

はるちゃんは元気に過ごしています。
Q3306336.jpg

はるちゃん、いつも元気でいてくれてありがとう。
Q3306340.jpg

nice!(43)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -