So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

湯西川ダム〜国道 352 号 樹海ライン [旅行いろいろ]

こんにちは。

会津駒ヶ岳に山登りをした日は栃木県の塩原で宿泊し、翌日は道の駅湯西川へ来ました。
Q7153476.jpg

水陸両用車に乗れる湯西川ダックツアーを予約してありました。
Q7153481.jpg

当初、川治ダムのキャットウォークを歩けるツアーに興味があったのですが、募集終了しており、ダム見学もついているこちらのツアーを利用しました。

ツアーは道の駅を出発後、湯西川温泉へ至る県道から林道へと入り、ダム管理用道路を使って、湖へそのままダイビング。湯西川ダム湖をクルーズしました。
Q7153497.jpg

満水ではないので山の地肌が現れており、普段は湖底に沈んでいる木々が見え、また野生の鹿を見ることができました。
Q7153496.jpg

水陸両用車なので、当然ながらスクリューがついていますね。
Q7153503.jpg

ダム湖をクルーズ後、湯西川ダムを見学します。ダムを管理しておられる方がいろいろ説明してくださいました。ダム上から覗くと、一定水量放流している、その水の吹きだしがとても迫力ありました。
Q7153507.jpg

湯西川ダムは鬼怒川水系の治水、利水を目的に造られたダムで、同じ目的で作られた川治ダム、五十里ダムなど一連のダム群の中でいちばん新しく 2012 年に完成しました。高さ 119m もある重力式ダムです。上写真の放流のための取水設備はサイフォン式という新しい方式を使用しているとのことです。

エレベーターでダム下まで下りました。ダムは上部に開閉ゲートが無い自然越流式で、正面の傾斜は 38 度とのことです。38 度はスキー場の上級者コースでよく見かける斜度ですが、それ以上に急に見えました。
Q7153511.jpg

ダム横のこの階段を降りてみたかったです。
Q7153513.jpg

当日はコンクリートの照り返しが暑かった。でもダム内部の通路はとても涼しく(14℃だったかな?)、ずっとここにいたい気分でした。
Q7153508.jpg

1 時間 30 分ほどで道の駅へ戻ってきました。ダムカードもゲットできました。
Q7153514.jpg

さて、この後は日光を経由して帰ろうと思いましたが、気が変わり、南会津町〜桧枝岐村〜魚沼市を結ぶ国道 352 号線を通ることにしました。特に桧枝岐村〜魚沼市のルートは樹海ラインと呼ばれ秘境感あふれる道です。豪雪地帯で毎年 6 月下旬にならないと開通しません。

尾瀬への入り口、御池まではバスなどの通行が多い区間ですが、御池をすぎると道が 1 車線になり、交通量がぐっと減ります。この先、魚沼市の里へ下るまで集落らしい集落はありません。
Q7153522.jpg

途中、燧ケ岳が望める場所。
Q7153528.jpg

只見川を渡ると新潟県へ入ります。しかし道はここからが険しくなります。
Q7153533.jpg

奥只見湖が見えて来ました。この後、奥只見湖の複雑な湖岸に沿うようにうねうねした道が続きます。
Q7153536.jpg

前日登った会津駒ヶ岳が見えました。前日は山の全貌を見ることができませんでしたが、この場所からどっしりした山容を確認することができました。
Q7153539.jpg

奥只見湖はフィヨルドのよう。紅葉シーズンはとても美しいと思います。
Q7153543.jpg

沢を渡る箇所が何ヶ所かあって何気に楽しい。ただこの日は水量は少なかったです。
Q7153546.jpg

桧枝岐から 2 時間要して、銀山平に着きました。
Q7153549.jpg

ずっと 1 車線で曲がりくねった道でしたが、道幅がとても細い訳ではなく対向車とのすれ違いも困難ではありません。ただ突然カーブから飛び出してくるバイクには何回かひやっとしました。

国道 352 号線は、この先もまだ枝折峠という 1 車線の峠道を越えます。私は時間の都合上、奥只見シルバーラインでバイパスしました。
(奥只見シルバーラインは二輪車通行禁止)
Q7153554.jpg

奥只見シルバーラインは元々奥只見ダム工事用だった道路で全長 23km のうち 18km がトンネル区間。トンネル内は素掘り区間が多く、さらに急勾配、急カーブ、漏水も多い荒っぽい道ですので、このようなところをドライブするのが好きな人にはたまらない道だと思います。

走っていて楽しい秘境ドライブでした。


★最近のはるちゃん★

アルミ板でくつろぐはるちゃん。
Q8103913.jpg

水鏡ならぬアルミ鏡になっていました。
Q8103915.jpg

お盆期間中、帰省した私の兄がはるちゃんにちょっかいを出しながら威嚇したため、はるちゃんは兄を完全に敵として認識。兄がへやんぽエリアに入るたびに、全速力で駆けてきて「なわばりに侵入する敵は許さん!」とばかり噛みついたりして攻撃をしていました。

見ているほうは面白かったですが、初めて会った訳ではないのに接し方次第でこんなに態度が変わるものだと、ちょっと驚きました。

nice!(35)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

会津駒ヶ岳へ行きました 2018/7/14 [山歩き]

こんにちは。

会津駒ヶ岳へ行きました。
Q7143383.jpg

基点はもっとも一般的な桧枝岐村の滝沢登山口。林道終点にクルマを停めたく、夜通し走って 3:00 頃、登山口に着きました。林道終点はすでにいっぱいでしたが、少し下ったところの空スペースに停めることができました。その後、仮眠するつもりが眠れず、明るくなった 4:50 に出発。

登山はいきなり急登の階段から始まります。でも急な階段はここだけでした。最初の 1 時間ほど急登が続きますが、その後は思ったほど急ではなくなだらかな登りが続きました。
Q7143335.jpg

道中、見た景色です。
Q7143358.jpg
Q7143365.jpg
Q7143369.jpg

駒の小屋に着く直前から雲の中へ入ってしまいました。山頂には 8:10 頃到着。残念ながら景色が何も見えなかったです。

当日は次第に晴れる予報でした。晴れてくれることを信じて、引き続き中門岳への尾根コースを歩きました。
Q7143391.jpg

ハクサンコザクラの群落がたくさん見れました。
Q7143390.jpg

トウモロコシが生えているみたい。
Q7143395.jpg

上から見ると、何だか不思議な感覚に包まれます。
Q7143392.jpg

中門岳の末端の湿原で道は終わり。ここでランチ(というか遅い朝食?)を食べながら長時間休憩してねばっていたら次第に晴れてきました。9:50 頃、下山開始。
Q7143414.jpg

中門岳からの復路は往路とは違って良い天気に。道中、見た景色です。
Q7143417.jpg
Q7143420.jpg
Q7143424.jpg
Q7143425.jpg

雲に包まれたり・・・
Q7143430.jpg

晴れたり・・・を繰り返しました。でもこれだけ景色が見れたので、来てよかったです。
Q7143435.jpg

会津駒ヶ岳山頂西側の巻道は木道が斜めに傾き、しかも濡れているので、ツルツル滑るのに耐えながら駒の小屋まで戻ると、往路では見れなかった広々した景色が広がりました。
Q7143440.jpg

濡れていたワタスゲは乾き、ウチのはるちゃんのようなモフモフになっていました。
Q7143457.jpg

湿原がある山はいいですね。息切らしながら登った先で美しい湿原に出会うと、その優しくみずみずしい景色にとても癒された気分になります。
Q7143452.jpg

当日はとても暑い日で、樹林帯を下るうちに汗びっしょりになりました。13:00 頃、下山したあとは温泉へ。

桧枝岐から少し下ったところにある小豆温泉窓明の湯で立ち寄り入浴しました。以前の大きな日帰り温泉施設を止め、場所を少し移動、男女別内湯 1 つだけの共同浴場のようなコンパクトな施設になり 4 月に再開したとのことです。

その代わり源泉かけ流しになりました。熱い源泉を主浴槽とつながった隣の小さな槽で撹拌して冷ましたのち浴槽仕切りの穴から注がれる珍しい構造でした。浴室に入ったときに独特の温泉臭もしっかり感じることができました。料金が 650 円と高めなのかすいており、貸切状態で鮮度の良い湯を独占して楽しめました。桧枝岐温泉の施設が混んでいるときはここが穴場で良いかも知れません。


★最近のはるちゃん★

1 ヶ月に 1 回の通院は、往復 4 時間弱のドライブ。お婆さんにナデナデしてもらいながら行っています。しかし、いつも途中からガクブルに・・・
Q7283712.jpg

病院もそうだけどクルマで揺られるのも怖いのでしょう。病院が終わってから帰宅するまで、ずっとガクブルで気の毒に思います。
Q7283716.jpg

キャリーバッグの下に厚い座布団敷くなどして振動を軽減させるようにしています。そして暑い夏はご褒美のフルーツをクーラーボックスに入れて。はるちゃん、がんばれ!

nice!(43)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

浅草岳へ行きました 2018/6/23 [山歩き]

こんにちは。

ヒメサユリが咲く季節に新潟福島県境の浅草岳へ行きました。
Q6233202.jpg

魚沼市入広瀬側のネズモチ平を基点にしました。登りは浅草岳へ最短距離で直登するネズモチ平コースを使いました。
Q6233141.jpg

道中、見た景色です。
Q6233135.jpg
Q6233140.jpg
Q6233150.jpg
Q6233154.jpg
Q6233157.jpg
Q6233207.jpg

こちらの方角から見る守門岳は火山らしい山容に見えます。
Q6233148.jpg

山頂近くまで来ると、短い雪渓を通り、小さな湿原に出会いました。
Q6233175.jpg

山頂です。
Q6233181.jpg

360 度の展望が素晴らしいです。こちらは南西側の景色。手前に鬼が面山の大岩壁、遠くに越後三山の八海山、越後駒ヶ岳、中ノ岳が望めました。
Q6233191.jpg

頂上を通り越して入叶津へと至る道をわずかに進むとヒメサユリがたくさん咲いていました。
Q6233198.jpg

眼下の田子倉湖とヒメサユリ。
Q6233201.jpg

帰りは桜ゾネコースを下りました。道中、見た景色です。
Q6233211.jpg
Q6233216.jpg

「ヒメサユリは咲いていましたか?」と途中すれ違った方、何人にも聞かれました。皆さんヒメサユリを楽しみに登られているようでしたね。

尾根道が終わると林道を約 25 分歩いてネズモチ平の駐車場へ戻りました。
Q6233229.jpg

ネズモチ平へ行く車道から見た渓流もいい雰囲気でしたね。
Q6233232.jpg

ヒメサユリをたくさん見ることができて良かったです。ネズモチ平からは 2 時間 15 分ほどで山頂へ登れるのでお手軽です。でも浅草岳のどっしりした山容を見たり大岩壁の上を歩く変化に富んだコースなら田子倉コースで登り、鬼が面山へ縦走する六十里越コースを歩くのがやはり楽しいと思いました。


★最近のはるちゃん★

ノートパソコンの冷却シートを使ったひんやりベッドですが、はるちゃんが冷却ジェルが入った袋を噛み切ってしまい、ジェルが漏れ出したので使用をやめ、2mm 厚の大きなアルミ板を買ってきました。
Q7223685.jpg

角と側面をやすりで丸めてから使用。はるちゃんも以前と同様気にいってくれたようです。
Q7223686.jpg

nice!(39)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

八峰の湯、白駒池、御射鹿池 [温泉旅行記 / 立ち寄り湯]

こんにちは。

4 月末に開通した中部横断道、佐久南 IC 〜 八千穂高原 IC の試乗を兼ねて、6 月上旬、日帰り温泉ドライブに行きました。
Q6093020.jpg

中部横断道の新しい開通区間は別にどおってことはありませんでしたが、中部横断道は上信越道の一部も含めると日本海側の私の地元と太平洋側を南北に一直線で横断する道路、全通したら静岡県方面へ行くのが楽になるはずなので期待しているところです。

中部横断道を通ったあと、小海町の北八ヶ岳松原湖温泉 八峰の湯で立ち寄り入浴。八峰の湯はずっと「はっぽうのゆ」と読むと思っていましたら、「ヤッホーのゆ」と読むそうです。名前の通り八ヶ岳が望める立地です。当日はちょっと雲がかかっていました。
Q6092972.jpg

特に内湯の大浴槽が源泉かけ流しでした。薄い笹濁りの湯と口に含むと鉄分を感じる味、予想以上に良い湯だったと思います。

また食堂のメニューも充実していました。いちばん人気と書かれていたソースかつ丼をいただきました。これがビッグサイズで、どうせ足りないだろうとラーメンセットにしたラーメンはいらないほどお腹いっぱいになりました。
Q6092968.jpg

温泉入浴と昼食後、蓼科高原、中央道諏訪 IC へと続く道をドライブしました。途中の道路沿いはあちこちでレンゲツツジが見れました。そして白駒池を訪ねることに。
Q6092974.jpg

白駒池への散策路は苔の森を見ながら進みます。
Q6093007.jpg

苔のいろいろな造形を探しながら歩くのは楽しかったですよ。駐車場から白駒池まで歩いて 15 分ほどのところ 3 倍くらい時間がかかりました。
Q6092979.jpg
Q6092982.jpg
Q6093003.jpg

白駒池は標高 2,115m の高所にある湖。空が近い感じがしました。
Q6092994.jpg

池の周りは一周できますが、今回は両親を連れてきているため無理せず・・・
Q6092991.jpg

湖畔の山荘でソフトクリームをいただきました。空気がおいしいのでソフトクリームもおいしい。
Q6092999.jpg

再びクルマで走ると、ほどなく麦草峠。標高は 2,127m もあります。国道 292 号線の渋峠についで、国道の峠として日本で 2 番目に標高が高い峠になります。
Q6093011.jpg

蓼科温泉郷へと下り、御射鹿池に立ち寄りました。名画のモチーフとなりテレビ CM でも使われたことで有名になった池。対岸の森林と水鏡が美しい池でした。
Q6093024.jpg

カモさんが音なくスーッと流れていくと、より静寂感を感じるように思います。
Q6093016.jpg

何だか東京に近い山ほど混んでいるイメージがあって、八ヶ岳方面へ来る機会は少ないですが、人やクルマの多さはまあ許容範囲でした。白駒池や麦草峠周辺は長短いろいろなトレッキングコースがあるようですので、次の機会はもう少し奥地まで歩いてみたいと思いました。


★最近のはるちゃん★

今日はフェーン現象でドライヤーのような乾いた熱風が吹いています。雨も前回いつ降ったか分からないほど全然降りませんし、これからも当面降る気配がありません。野菜が品薄になっているようなのがちょっと心配。

今回はまだおんもで遊べた 6 月下旬のはるちゃんです。
Q6243249.jpg

「うたっち」はるちゃん
Q6243252.jpg


nice!(42)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

仕切り直し、Nゲージレイアウトの製作2-1 [鉄道模型レイアウト製作]

こんにちは。

性懲りもなく、N ゲージレイアウトを再び作ってみようと思っています。1 年前に書いた 1/10 の図をもとに・・・
Q7223705.jpg

グラフ用紙に原寸大で設計中。しだいに欲が出て線路が増えてしまった。
Q7223710.jpg

実際に置いてみて現物合わせをするため、TOMIX の複線曲弦大トラス鉄橋を買ってみました。かっこいい! めちゃめちゃテンションが上がる〜
Q7223708.jpg

こんなふうに置いてみようかな。
Q7223709.jpg

いろいろ妄想しながら、グラフ用紙に線路配置を書いたり消したり・・・全工程の中で実はこれがいちばん楽しい作業なのだと思う。


★最近のはるちゃん★

ぎらぎら照り付ける太陽のもと、アメリカフヨウ?さんは暑さに負けず、次々とでっかい花を咲かせています。はるちゃんとコラボさせてみたいところですが・・・
Q7223699.jpg

しかし暑さに弱いはるちゃんは、エアコン+ひんやりベッドで放熱中。次回べらんぽできるのはお盆過ぎになりそう。
Q7013302.jpg

エアコンは汚れると 2 時間ほど要するおそうじタイムが入るタイプ。連続運転させて万一留守の時におそうじタイムになるのが怖い。そのため毎朝 4 時〜6時に確実におそうじさせるようにしています。しかし連日の熱帯夜、本当はエアコンを止めたくない。おそうじタイムのときは保冷剤をケージの上に乗せて冷やしていますが、それでも室温上昇が気になります。おそうじのときだけ別のエアコンが効く部屋へ移動させようかな。

皆さまはどのようにしていますか?

nice!(27)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -