So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
うさぎのはるちゃん日記2016以降 ブログトップ
前の5件 | -

はるちゃんは癌でした [うさぎのはるちゃん日記2016以降]

こんにちは。

昨日のはるちゃんです。はるちゃんは元気です。
Q3171438.jpg

しかし、タイトルの通りです。お正月早々異変が起きました。以下、これまでの経過です。



■1月2日

夜、おしっこをする格好をするがおしっこが出ていないことに気付く。たまたまなのかよく分からず様子を見る。

■1月3日

朝、たびたびおしっこをする格好をするが出ていない。しばらくすると床にうずくまりながらお尻を上げたりして苦しそう。食欲もない。結石が詰まったのかも知れないと思った。

すぐに病院へ連れて行きたいが、地元で行ったことがある病院は全てお正月休み。一応電話をかけたところ、ある病院で留守電につながり、状況を伝えておくと折り返し電話がかかってきて診ていただけることに。レントゲン撮った結果、結石はなさそう。しかし膀胱に尿がたまってパンパンになって底にカルシウム泥がたまっているようだとのこと。皮下輸液を行い(これはおしっこでカルシウム泥を流すことを試みる処置だと思う)、様子を見て欲しいとのこと。

しかし家へ帰ってしばらくしてもおしっこが出る様子はなく、ますます苦しそうな格好をする。別の原因があるのか、何とかすぐに対処する方法がないのかと、セカンドオピニオンを求めて他の病院を探し、遠く新潟市の病院で休みではないところを見つけた。ここは別件で地元の病院で紹介してもらったことがある病院で以前から名前は知っていた。急遽連絡して連れていくことにした。

この頃からおしっこの上澄みがオーバーフローして漏れ出すようになっていた。病院へついてキャリーバッグを開けると、いつものカルシウムを含んだおしっこをした跡があった。どうやら連れて来る途中でおしっこが出たようだった。

レントゲン、エコー検査の結果、骨盤の内側、尿道のすぐ上に 2cm くらいの腫瘍らしき丸い固まりが見つかった。これが尿道を押しておしっこが出なくなっているのではないかとのことだった。

別の日にもっと詳しく検査することになり、それまで抗生物質と食欲増進させる薬を飲ませることにした。その後は、少しづつながらおしっこが出るようになり、苦しそうな素振りはしなくなった。

■1月9日

CT 検査および腫瘍の細胞を採取。もし腫瘍が悪性だったとしても CT 画像を見たところ肺など他の臓器への転移は認められないとのこと。また検査に先立ち麻酔のため血液検査も行った。特に異常はなし。初めてはるちゃんの血液の状態を知ることになった。

■1月13日

細胞診の結果、悪性腫瘍の疑いありとのこと。手術をして取り除くことにした。しかし場所は骨盤の内側で恥骨のすぐ裏のため、全て除去するのは難しいかも知れないとのこと。また恥骨や尿道に癒着しているなど状況によっては除去せずそのまま閉じる可能性もあるとの説明を受けた。

■1月23日

手術実施。予想通り恥骨に食い込むような状態になっており 9 割ほど除去したが全て除去はできなかった。またこのとき、病院側のアドバイスもあり、今後の病気の原因になりやすい子宮と卵巣の摘出も同時に行った。はるちゃんはこのまま病院に入院。

■1月26日

術後の経過はよく、予定通り退院。

■2月3日

抜糸と組織検査の結果を聞きに病院へ。しかし私はインフルエンザに罹って行けず、妹に行ってもらった。

組織検査の結果、腫瘍はやはり悪性で、骨盤腔内腫瘤(腺癌)とのことだった。うさぎでこの場所に癌ができるのは珍しいとのこと。なお、一緒に摘出した子宮と卵巣であるが、子宮は内膜過形成(病変無し)、卵巣は問題なしだった。

今後の治療だが、腫瘍が一部残ったままなので抗がん剤による治療を行うか、積極的治療はせず対症療法で対応するかの提示があったが、その場で決めず持ち帰り。

■2月9日

前回は私が行けなかったので、改めて病院へ行き検査結果と今後の治療について説明を受けた。その結果、分子標的薬であるパラディアという抗癌剤を投与することにした。その日から 2 日に 1 度、自宅にてパラディアを経口投与開始。

心配した副作用であるが、以前は与えた量全て食べきっていたペレットを 1 割程度残すようになった。牧草や野菜はバクバク食べている。また少し元気がない時があるようだった。おしっこやウンチは問題ないように見えた。

食べる量が 5 割も減ったり、あまりにも元気がないようなら病院へ連絡して欲しいとのことだったが、そこまでひどい状態にはならなかった。

■2月17日

腫瘍のエコー検査と血液検査を行った。エコー検査の結果、残っていた腫瘍は形がよく分からなくなっていた。うまく薬が効いているのかも知れない。次回は CT で確認することになった。また白血球特に血小板の減少が見られたが、許容範囲内なので抗癌剤を継続することにした。

■3月3日

CT 検査と血液検査実施。CT の結果、腫瘍の存在は確認できない状態であった。また肺など他の臓器の異常は認められなかった。腫瘍が消滅したのであれば嬉しいかぎりである。血小板の値は元に戻っていた。白血球はまた少し減少しているようだが抗癌剤は継続。次回はまた血液検査を行うとのこと。
なお、膀胱はすでに小さくなっており、いちばん最初に危惧された膀胱内のカルシウム泥は排出しきっているように思えた。

・・・今日に至る。



以上、経過をささっと書きましたが、各場面ではとても悩みました。再びおしっこが出なくなるなどいつ状態が悪化するか分からず、本当に心配で 2月中旬頃まで私自身も食欲がなくなりました。

以下、いくつかの場面での補足です。

思い返してみると、おしっこが出なくなった前兆はあったかのかも知れません。秋ごろからおしっこをトイレではなくへやんぽ中に別の場所ですることが多くなりました。おしっこが出るタイミングが自分の意思通りに行かなくなっていたのかも知れません。その時は「はるちゃん、ボケが始まったのか?」と冗談半分に言っていました。やがて今回の症状になるとはとても思いませんでした。

最初に診ていただいた地元の病院では、他にもたくさんの患者さんが来ていました。お正月に体調を崩すペットは多いのでしょうね。お正月休みの最中なのに先生もたいへんだなと思いました。診ていただいてありがたかったと思っています。

結果として遠く新潟市の病院へ通うことになりましたが、真冬の通院はたいへんでした。高速道路はしょっちゅう通行止めになるし、暴風雪でクルマは揺れ、さらに道はガタガタ。普段は片道 2 時間弱のところ、4 時間半以上要した時もありました。立往生に備え毛布やはるちゃんの食料も積んででかけました。雪道の長時間の通院ははるちゃんに大きな負担になったと思います。通院時は母親に付き添ってもらい、私が運転し母親にはるちゃんをずっとナデナデしてもらっていました。それでも道中はブルブル震えているし帰宅したあとはしばらくぐったりしていました。これからも時々通院はありますが春からは楽に通えるので、はるちゃんには頑張って欲しいと思います。
Q1131063.jpg

手術で万一のことがあった場合を考えて、悔いが残らないよう手術前は目一杯はるちゃんと遊びました。心配な顔は見せないようにしていましたが・・・「なんで泣きそうな顔しているの?」とはるちゃんは気付いていたと思います。
Q1121053.jpg

うさぎの麻酔は難しいと言います。しかし麻酔専門の先生が来院される日に手術となったため極端に心配しませんでした。むしろ術後が心配でした。家族が誰もいない病院で入院・・・とてもストレスになると思いました。そこで入院中は両親に新潟市に宿泊してもらい、朝夕はるちゃんの見舞いに行ってもらいました。入院ケージの前で声をかけると、はるちゃんが奥から嬉しそうに駆け寄ってきたそうです。見舞いに行ってもらったことは本当に良かったと思います。

退院後は傷口の保護が心配でした。入院中は特に気にしている様子はなかったため、エリザベスカラーや術後服の装着はありませんでした。しかし帰宅した途端、傷口を気にするようになり、傷口に貼られた絆創膏をあっという間に自分で剥がしてしまいました。当面徹夜で傷口を舐めないように監視するしかないと覚悟しましたが、絆創膏を剥がした後は傷口をそれほど気にしていなかったようでした。自分で抜糸してしまったり傷口が化膿したりすることはありませんでした。
Q2051152.jpg

そんな中、はるちゃんの 5 歳の誕生日をささやかにお祝いできました。
Q2111200.jpg

正式に癌と判明した後の治療について3つの案の提示がありました。
頻繁に増殖を繰り返す細胞を攻撃するタイプの抗癌剤(従来型)を投与。
ただし投与や血液検査で毎週通院が必要。投与は時間をかけて点滴で行う。
うさぎへの事例はほとんどないが、特に癌細胞だけを狙って攻撃し副作用も少ないとされる分子標的型の抗癌剤を投与。
投与は 2 日に 1 回、自宅で経口投与。血液検査で時々通院あり。
何もせず、何か症状が現れたら都度対症療法で対応。

できるだけはるちゃんに負担をかけたくありませんでした。といっても腫瘍はまだ残っているため何がしかの治療は継続したい、悩んだ結果分子標的薬での治療を希望することにしました。そのパラディアという薬は犬の肥満細胞腫用の薬で一部固形癌にも効いた例があるようです。うさぎにどう効くのか未知数ですが試してみる価値はありそうでした。

また免疫力を上げるため、ベータグルカンのサプリメントを病院から処方してもらいました。さらに抗癌作用を持つ成分が多く含まれるというブロッコリースプラウトを野菜のメニューに混ぜることにしました。

結果、体内に残っていた腫瘍は確認できなくなっていることはとても嬉しいです。とはいえ、いつまた癌が再発転移するか不安がないわけではありません。これからは免疫力で癌に打ち勝って欲しい。毎日楽しく過ごしてもらえるよう、週末しか行わなかった朝のへやんぽを家人に頼んで毎朝行うようになりました。3月になってはるちゃんがとても元気でやんちゃになってきたように感じます。ペレットを残すことは少なくなり、おしっこもウンチも問題なさそうです。



最後に最近のはるちゃんの様子をいくつか・・・
Q3131389.jpg
Q3131391.jpg
Q3141398.jpg
Q3141404.jpg
Q3141423.jpg
Q3181454.jpg

昨日、自宅の梅の花が開花しはじめました。
Q3171452.jpg

そして今日はアズマイチゲも開花しました。
Q3181456.jpg

ようやく訪れた春を、はるちゃんと一緒に過ごすことができ、ほっとしているところです。

nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:ペット

最近のはるちゃん 2018/1/1 [うさぎのはるちゃん日記2016以降]

あけましておめでとうございます。

過去の写真ですが、まず最初に 1 月 1 日の写真をピックアップしました。

2004 年の 1 月 1 日、初日の出に照らされたマチャプチャレ(標高 6,993m)。ネパール、ポカラにて。
P1010095.jpg

実際に行って、見て、初めてヒマラヤの高さや重量感を実感できました。本や TV の写真、映像だけではとてもイメージできない巨大なものでした。


★今朝のはるちゃん★

お正月といっても特別なことはなく、普段通りのはるちゃんです。今朝は「初へやんぽ」で遊びました。

今シーズンは早くから降雪がありましたが、積雪は無いに等しいくらい。今のところひと安心。
Q1010953.jpg

さすがに寒いので外へ飛び出しません。その代わり室内で遊びました。一部年末の写真も含んでいます。
Q1010962.jpg
QC170895.jpg
QC290907.jpg
Q1010973.jpg
QC290912.jpg

今年、はるちゃんは人間年齢換算でアラフィフになり、飼い主に追いついてしまいます。つい先日お迎えしたばかりだと思っていたのに・・・

以前のようにひねりジャンプする姿はほとんど見れなくなってしまったとはいえ、へやんぽでは飼い主と一緒に元気に駆けっこしています。今年も変わらず元気で過ごして欲しいし、元気な姿をお見せしていきたいと思います。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

nice!(50) 
共通テーマ:ペット

最近のはるちゃん 2017/5/7 [うさぎのはるちゃん日記2016以降]

こんにちは。

何てことありませんが、ゴールデンウィークのはるちゃんの様子などいろいろと・・・
Q5077472.jpg

お婆さんからたんぽぽをもらいました。おいしいものを食べられてよかったね。
Q5037191.jpg

いちごがおいしい季節です。これはケージに戻りたがらないはるちゃんを誘い込むための罠。
Q5067413.jpg

パソコン台に登る癖ができてしまったのは困りもの。高い柵に交換しなくては。
Q5037187.jpg

まったり過ごしていたはるちゃんですが、今朝になって急に牧草をくわえ始めました。始まっちまったか・・・
Q5077422.jpg

こんなときは拡張へやんぽで気を紛らわしてあげるのがいちばん。しばらくすると我に返ったようです。
Q5077438.jpg

その後はミニ野原で遊んだり・・・
Q5077454.jpg

わらボールで遊んだり・・・
Q5077458.jpg

このまま偽妊娠?を忘れてくれたらいいのですが・・・明日はどうなることやら。

庭の花々です。
Q5077424.jpg
Q5077425.jpg
Q5077430.jpg
Q5077432.jpg

はるちゃんのために、今年もセロリの苗を植えてみました。
Q5077423.jpg

また、パクチーの種を撒きました。うまく育ってはるちゃんに食べてもらいたいね。
Q5077461.jpg

連休中は出勤したり、合間に旅行へでかけたり、はるちゃんと遊んだり結構忙しかった。連休最後の今日はクルマで 1 時間の手頃な距離、野沢温泉へプチ湯治にでかけてきました。
Q5077493.jpg

すでにお風呂はすいていて貸切状態になった時もありました。あまり強くはありませんが硫黄の香り漂うかけ流し温泉でリラックスできました。

途中で通った飯山の菜の花畑。
Q5077486.jpg

菜の花祭りが終わったとはいえ、まだ一面黄色い絨毯でした。

nice!(48)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

最近のはるちゃん 2017/03/26 [うさぎのはるちゃん日記2016以降]

こんにちは。

先週の春分の日は、ぽかぽか暖かい日でした。はるちゃんもウッドデッキでひなたぼっこしながら、ミニ野原の野菜を食べて遊びました。
Q3206435.jpg

相変わらず、はるちゃんは嬉しそう。
Q3206416.jpg

そのミニ野原で咲いたちんげん菜の花。私は初めて見ました。
Q3206411.jpg

まだ冬枯れの木が多い庭で、マンサクの木だけ黄色く目立っています。
Q3256466.jpg

ソメイヨシノはまだ固いつぼみ。地元の開花予想は、4/7 頃、満開は 4/12 頃のようです。はるちゃんとお花見をするのが楽しみです。
Q3256458.jpg

先日の朝、うぐいすの鳴き声で目が覚めました。4、5 年ほど前から鳴き声が聞こえなくなっていましたが、近所へ帰って来てくれたのかな? 響き渡るような澄んだ音色は清々しいですね。憂鬱な平日の朝もうぐいすの鳴き声ですっきり起きることができるかも。

nice!(35)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

最近のはるちゃん 2017/03/19 [うさぎのはるちゃん日記2016以降]

こんにちは。

3 月は先代うさぎのはる爺さんが亡くなり、新しくはるちゃんを迎えた月。
Q3176288.jpg

早いもので、もう 4 年が経つのか。
Q3186322.jpg

その頃と同じように、春の花々が少しづつ咲き始めています。
Q3186315.jpg
Q3186331.jpg

nice!(50)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット
前の5件 | - うさぎのはるちゃん日記2016以降 ブログトップ